FC2カウンター

プロフィール

レイーナ

Author:レイーナ
LOHAS/マクロビオティック/自然治癒力/オーガニック/自然農法/スローライフ/スローフード/無添加/蜜ろう/手作り/オーガニックコットン/布ナプキン/自宅出産/プライベート出産/自然育児/布おむつ/母乳育児/語りかけ育児/田舎暮らし/古民家再生/ログハウス/自給自足/パーマカルチャー/非電化運動/自家発電/エコロジー/ホームスクーリングナチュラルラーニング/アンスクーリング/フリースクール/子連れ海外旅行/アウトドア/キャンプ/フラメンコ/スペイン/

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

広告








商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ



最大1,000ポイント!楽天自動車保険一括見積もり 中古車買取査定市場

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

RSSフィード

お気に入りに登録していただけると嬉しいです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖炉

我が家には今、暖炉があります。

2007年6月に購入した時点では、「料理のできない薪ストーブ」、と認識していたのですが、秋になり、実際に火を入れてみたら、、、「料理もできないし、部屋も暖まらない薪ストーブ」でした(^_^;)

部屋が暖まらないのは、今までの家にあったような鋳鉄製ではなく、鉄板とガラスで作られている開放部の広い構造のためだけではなく、部屋の天井が今までの倍はあるからだと思います。

しかし、暖かくない上、料理もできないとなると、一体なんのためにあるのか。。。前の持ち主があまり使用した形跡がないのはそのためだったのか。。。

とりあえず、「料理ができない」点をなんとかしようと思い、試行錯誤してみた結果、暖炉だと思えば、料理も可能であることが判明。

つまり、今まで私がしてきた薪ストーブ料理では、ストーブの上に鍋を置いて調理していたのですが、ストーブの中に鍋を入れて調理するのです。

暖炉の炉床の上に炭がたまると、そこに大きな五徳を置き、上に鍋やフライパンを載せて調理します。

火力は下に置く炭の量で調整しますが、急いで湯を沸かしたいときなどは、炭の上に短い枝を何本か置き、強い直火にすると、あっと言う間に沸かすことができます。

ただ問題点が何点かありました。

1点目、、、料理をしている間、部屋へ暖かさが来なくなること。

これは、ただでさえ蓄熱効果の少ない構造であるのに、薪の手前に五徳を置くので、赤外線も遮断されてしまうからです。

それに、料理の時間が長くなると、どうしても後ろの薪も燃え尽きてしまいそうになってしまいます。

これは、後ろにおく薪の量をなるべく多くして、炭ができたら順に囲炉裏に移すことでなんとか解決。

2点目、、、料理が1品ずつしかできない。

五徳は1つしか入らないので、1品ずつしか料理できません。

強い火力が必要な玄米炊きのときと、急いで加熱する必要があるときに暖炉を使用するようにして、あとは囲炉裏で調理することで解決しました。

3点目、、、プラスチックの使われている鍋は使えない。

当然なのですが、プラスチックの部分が溶けてしまいます。

我が家の鍋でプラスチックが使われているものは基本的にないのですが、圧力鍋だけは例外でした。

しかし、引越し直後にだめになったパッキンの替えが今はもう売っていないことが判明したので、思い切って圧力鍋は使わないことにしました。

ということで、しばらく玄米が炊けない状況が続いたのですが、、、これには救世主が現れます♪

そのことについてはまた今度(*^_^*)

4点目、、、暖炉の位置の問題。

暖炉がなんと囲炉裏にくっついてあるのです。

そのため、暖炉の中に薪をくべるためには、囲炉裏の机の部分に座るか膝をつかないといけません。

これはもちろん、、、囲炉裏の机の部分に座ってもOKということにして解決しました(*^_^*)

それにしても暖炉、、、赤々と燃えていると、それだけで幸せになってしまいます。

煙突がまっすぐで太いためにすぐに太い薪でも燃焼してしまうのがたまに傷ですが、おかげで部屋の方へは煙が来ず、助かっています。


次回は囲炉裏料理についてお話します☆
スポンサーサイト

ログハウス

初めてログハウスに興味を持ったのが、中学生の時。

出会いは本屋さんでした。

中学生にとっては大金でしたが、翌日、お年玉をにぎりしめ、ログハウスを特集した雑誌を購入しました。

その後、夫と出会い、私の夢は自分で自分の家を建てることだと伝えたのが高校生の時。

夫は、素敵な「夢」だなあ、、、と思っていたようで、まさか、私が本気で自分で家を建てるつもりだとは思いもよらなかったそうです。

結婚してまず私がしたことは、設計図描き。

図書館で毎週のように建築やログハウスに関する本を借りてきて、夫を啓蒙。

「絶対に無理」と言っていた夫も、なんだかできそうな気がしてきた頃、妊娠・出産。

産後に行ったセミナーで教わったシックハウス症候群や化学物質過敏症の話。

食べ物だけでなく、住む場所、家そのものにも徹底的にこだわりたいという思いが、夫婦の間で共通の認識になっていきました。

初めはカナダやフィンランドの材木で建てようと思っていたのですが、輸入材に含まれる防腐剤や防虫剤の問題や、輸送エネルギーの問題を知り、国産材で建てることを決意。

また、家を建てるのも身土不二の思想から建てる土地の材を使うのが一番だという結論に達し、木材や木の家、さらに日本家屋について詳しく勉強するうちに、たどりついたのが、伝統工法の家。

土壁・漆喰・無垢の柱。。。

調べれば調べるほど、日本の気候風土には、伝統工法の家が一番であることがわかり、私のログハウスへの思いもうっすらと色あせてきました。

ところが、、、

続きを読む »

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。