FC2カウンター

プロフィール

レイーナ

Author:レイーナ
LOHAS/マクロビオティック/自然治癒力/オーガニック/自然農法/スローライフ/スローフード/無添加/蜜ろう/手作り/オーガニックコットン/布ナプキン/自宅出産/プライベート出産/自然育児/布おむつ/母乳育児/語りかけ育児/田舎暮らし/古民家再生/ログハウス/自給自足/パーマカルチャー/非電化運動/自家発電/エコロジー/ホームスクーリングナチュラルラーニング/アンスクーリング/フリースクール/子連れ海外旅行/アウトドア/キャンプ/フラメンコ/スペイン/

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

広告








商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ



最大1,000ポイント!楽天自動車保険一括見積もり 中古車買取査定市場

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

RSSフィード

お気に入りに登録していただけると嬉しいです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月10日火曜日 ホリデーパーク

朝は8時に起床。

雨はすっかりあがり、とてもきれいな空が広がっていました、、、思わずもう1泊したくなるほど(*^_^*)


朝食を作りながらネットでメールをチェック、、、やはりどこも空きがありません。

キャンセルが出ているかもしれないと思い、第一希望の、海の前にあるホリデーパークに電話をしてみたところ、なんと、修学旅行の受け容れのために貸切になっているとのこと。

困っている私を見て、ジェニーが、「私が交渉してあげるわ!」と。

第2希望のホリデーパークに電話をして、ジェニーに話してもらいました。

「部屋にトイレがついていなくても、大丈夫よ。この子は、タフだから、狭くても文句を言ったりしないわ。母親1人だけれど、子ども達はみんなとてもいい子だから、大丈夫よ。うちには1週間以上滞在したけれど、トラブルなんてなかったわ。ヒーター??ここは、カイコウラよりずっと涼しいけれど、この子達はテントに泊まっていたのよ!」

おかげで、1泊80ドルの宿が予約できました!

布団は3組で15ドル、食器と調理器具は5ドルで貸してもらえるそうです。

どうやら、メールで問い合わせた時は、子どもが4人だと、最低ベッドは4つ必要、トイレも付いていないと、、、と、相手は気を遣って、高い部屋を紹介してくれていたようです。

とりあえず、鯨が見られるかどうかわからないので、2泊だけ予約し、あとは、状況により、延泊することにしました。


ジェニーたちの洗濯が10時半に終わったので、私達の洗濯物は脱水だけして11時干すことができました。

私は蚊にさされたところがかゆくてシャワー、、、シャワー小屋にセームを忘れてきてしまいました。。。

子ども達は、ロバに乗って、絵を描いて、、、本当に最後まで楽しそう。

20090310


12時ごろに私達の次に滞在するカップルが到着。

ナナハンのバイクでツーリング中だそうですが、子ども達をとても気に入ってくれ、バイクに乗せて記念撮影もしてくれました。

ほんの少ししか一緒にいられませんでしたが、子ども達と遊んでくれ、おかげで、荷物を積み込んだり、片づけをしたり、料理をしたり、、、とても助かりました。


さて、、、いよいよお別れ。

たった2時間で、洗濯物はすっかり乾いていました!

支払いは、、、昨日収穫した野菜が15ドル、、、採れたてのリンゴもつけてくれました♪

そして、部屋が、、、なんと、2泊だけなのに、1週間泊まった時と同様の割引にしてくれました!

つまり、1泊30ドル、、、合計60ドルです!

お礼に、リンさんにプレゼントした絵と同じシリーズの絵を2枚プレゼント。

とても喜んでもらえました♪


別れを惜しみつつ、13時に出発、、、まずはホームスクールファミリーの家へ。

絵をプレゼントしに行ったのですが、お礼に、昨日おいしくて好評だった酵母と海草のふりかけをお土産にもらってしまいました。

アップルキュウリという、丸くて甘いキュウリや、梨などももらい、すぐにお別れする予定が、クリスタルチルドレンやアダルチルドレンの話でもりあがり、1時間も滞在してしました。


14時にリトルリバーを出発し、クライストチャーチへ。

ガソリンスタンドで満タンにしようと思ったのですが、ここはセルフスタンド。

隣で給油していた人に、「満タンになったら、自動的に給油はストップしますか?」と尋ねたら、「もちろん!」とのこと。

安心して給油を始めたのですが、音が変わったと思ったら、給油口からガソリンがあふれ出してきました!

すぐに気がついたのでそこまで大量に溢れたわけではありませんが、ショックでした(^_^;)


15時にオーガニックスーパーに到着。

1時間かけて沢山買い込みました。

イチゴが1kgで7ドル、、、350円。

今日のように暑い日のドライブには、ぴったりです!

お店の人ともずいぶん親しくなり、買い物もとても楽しかったです。


クライストチャーチから北にあがるにつれ、景色は緑が豊かになり、なだらかな起伏も美しく、ときどき見える海が輝いていて、ドライブはとても快適でした。

しかし、、、途中17時ごろにトイレ休憩をしたとき、末っ子の体が熱いような気がしました、、、嫌な予感。。。


18時半にホリデーパークに到着。

海は見えにくいのですが、とてもすばらしい山の風景を眺められるホリデーパークで、嬉しかったです!

アルペンパシフィックホリデーパーク

支払いを受付で済ませてキャビンに、、、ダブルベッドが1つと、2段ベッドがあり、小さいけれど、木造の清潔で快適なキャビンでした。

末っ子の様子が心配なので熱をはかると、39.6度!!

上の子ども達が、「ママはおっぱいをあげていて!ぼくたちで荷物をはこぶから大丈夫」と、全部荷物を運び込んでくれました。

キャビンの目の前に車を停めることができて助かりました。

それにしても、、、20kg近くある荷物も運べるのは、さすが長男です!


とにかく広いので、トイレやシャワーは今までの滞在先の中では一番遠くにあり、子ども達はいつも一緒に行ってもらうことにしました。


到着してからぽつぽつと降り始めた雨は、夜9時には大雨に。。。

明日は鯨を観るために飛行機に乗る予定ですが、天気が心配です。

それに、、、末っ子の熱が下がらなければ、やはり無理はできません。

でも、、、我が家は、いつも薬を使わず、食べ物だけで1晩で熱を下げられるので、今夜もがんばれば、治るような気がします。


他の子ども達は2段ベッドで楽しく遊び、食事も、グラノーラや、トマトやキュウリなど生で食べられる野菜を食べて満足してくれました。

22時に、やっと子ども達も寝てくれ、私も、うとうと、、、その後、24時に授乳に起きてからは、朝まで看病が続きました。

おかげで、たまっていた日記を書いたり、予定を立てたり、ビデオを編集したり、、、気になることが全部できました(*^_^*)


夜中には雨は止み、もしかしたら、飛行機も飛ぶかもしれない、、、期待を抱きつつ、末っ子を抱いてすごしました☆



1週間後の今日はもう日本です。。。→

スポンサーサイト

3月9日月曜日 畑仕事&パーティー

昨夜はすごい嵐でしたが、今日は快晴!!

なんだかずっとここにいたくなってしまうほど、きれいな朝でした。

朝食を作ったり、洗濯を干したり、のんびりすごしている間に、ジェニーが野菜を沢山収穫してくれていました。

私が、「1週間分の野菜をここで買って行きたいのだけれど」と伝えていたから、はりきってくれたようです(*^_^*)

のんびりしつつも、メールをチェックしていたのですが、どうやら、、、宿は決まらなさそうです。

沢山出した問い合わせのいずれにも、「空きがない」「子連れはだめ」「食器や調理器具は持参」「寝袋持参」、または、デラックスな1泊200ドル以上の部屋しかない。。。

キッチンが共同でもよいのでついていないと困るので、それだけは妥協できなかったのですが、こうなったら、1泊だけで、鯨を観られなくてもクライストチャーチかオクティガーデンに戻るしかないかもしれません。


ジムといろいろ相談していたのですが、なんだか、穏やかに相談にのってもらううちに、ここでもう1泊して、疲れが取れたら、良い案が浮かぶような気がしたので、もう1泊することにしました。

私達が来る前日まで、20人以上の親戚が泊まりに来ていて、明後日からはジェニーたちも旅行に行ってしまうので、2泊できるのはとても幸運です。

ちょうど良い期間にここに戻って来られたのも、何かの縁かも知れません。


そこで、午後は、ジムたちの手伝いをしたいと申し出たところ、子ども達でもできることを、、、ということで、ジャガイモほりをさせてもらうことになりました。

楽しかったですよ!

ジャガイモを傷めないように、手で掘るのですが、縦1.5m横3mの区画で、一輪車2杯に入りきらないほどのジャガイモが掘れました。

我が家のジャガイモは猪に掘られてしまって収穫できなかったので、子ども達にとっては初めてのジャガイモの収穫。

本当に嬉しそうでした!


長男はボートを漕ぎたかったのですが、オールを止めておくリングがないので漕げないと戻ってきました。

ジムに聞くと、親戚の子ども達が遊んでいる間に落っことしてしまったそうです。

残念!


代わりに、長男は用意してくれていた画用紙とクレヨンでスケッチを始めました。

長女は相変わらずロバの世話、、、本当に飽きないようです。

ちびっこたちは、ジャガイモ掘りの続きで、砂場で遊んでいました。


私は、息子さんを迎えに行くジェニーに、「夕飯は、ホームスクールファミリーを招待してパーティーをしたいのだけれど、、、」と伝えたら、「それはいい考えね!今からだと大したものは準備できないけれど、みんな自分達の今夜の夕飯を持ち寄って一緒に食べるだけでも楽しいものね」と、2つ返事で賛成してくれました。


末っ子が今日はなかなか昼寝をしてくれず、やっと寝てくれたのが5時。

さっそく夕飯の準備にとりかかったのですが、5時15分に大泣きが聞えてきました。

何事かと思ってテントに戻ると、、、息子さんが飛び出してくるところでした(^_^;)

つい赤ちゃんを抱っこしたくなったのでしょうね。

中途半端に昼寝をしたので、ぐずっている末っ子を抱きながら、長男と長女に指示をだして、料理を作ってもらいました。

次女も野菜を洗ったり、水を運んできたり、大活躍です。

そして、7時には、長粒米の黒米&玄米&白米を炊いたものと、きゅうりのサブジ(インド料理)、ジャガイモとビーツのサブジ、緑のスプリットピーの子ども向けの野菜カレー、人参の葉のクリスピーなクッキーが出来上がりました!


7時には、ホームスクールファミリーも到着。

ちょうど、奥さんの親戚の娘さんが家に泊まりに来ていたそうで、一緒に来てくれたのですが、彼女が、まさに末っ子の産後に手伝いに来てくれていた大学生とそっくり!

子ども達はよじのぼったり、走り回ったり、ずっと遊んでもらっていました。

ちょうどパーティーが始まるときに、前回滞在中にWWOOFで来ていた女性が、アカロアからクライストチャーチに行く途中でガス欠で、、、と友人と一緒に現れました。

総勢15名のパーティが始まりました!

料理は我が家が5皿、ホームスクールファミリーが4皿、ジェニーがサラダやパンケーキなど4皿用意してくれたので、立派なビュッフェパーティーになりました。

20090309


若い女性達は出産の話に興味津々になってくれました。

特に、ベジタリアンの妊娠中、産後の食生活のことや、離乳食のことなど、、、みんなまだまだ結婚する予定はないそうですが(^_^;)

母親同士は、日本の布オムツ、、、輪おしめに興味をしめしてくれました。

ジェニーの親戚が、子どもが生まれたことをきっかけに、布オムツのレンタルのビジネスを始めようとしているそうなのです。

おしめの洗い方から、干し方、当て方、、、情報交換をしました。

9時にはジェニーの焼いた洋梨のケーキが出てきて、お開き。

子ども達は、キャンドルがいくつも点灯されている幻想的な庭でおいかけっこをして遊んでいました。

熊などの危険な動物がいないので、安心です。

みんなで外からホースをつないで皿洗いをしていた時、、、

長男が外から走って帰ってきて、「おかあさん、男の子達が泣きながら野菜を投げ合っているんだけれど、やめさせたくて “STOP it!”と言っても、やめてくれないんだ!」と、言いました。

告げ口は嫌ですが、野菜を投げ合うのはどうかと思ったので、両母親に伝えたら、血相を変えて飛び出していきました。

男の子2人は、それぞれ車の中と子ども部屋へ。

叱り役はお父さん達。

でも、、、このお父さん達、優しいので、すぐ子ども達を出してきてしまいました。

今度はお父さん達がお母さん達にお説教をされる番。

そして、最後は私が仲裁役。

子どもが問題を起こした時にどうするか、叱るべきか、叱らないならどう対応するのか、、、育児相談になってしまいました。

どうして我が家の子ども達が喧嘩しないのか、、、人をぶったりしないのか、、、聞き分けが良いのか、、、どうしてか、日本でもよく聞かれますが、、、一言では言えませんが、たぶん一番の原因は、ストレスがかかっていないからでしょうかね。

大人だって、ストレスがかかるといらいらしますが、ストレスから解放されると、寛大・寛容になりますし、前向きにがんばれて、忍耐強くなりますものね。


とりあえず、最後は大変でしたが、パーティーはおいしかったし、楽しかったし、結局みんなともさらに深く話ができて、良かったです。

夜はまた風が吹き始め、雨の音が聞えてきました。

明日はいよいよカイコウラ、、、宿が見つかりますように☆


1週間立って再訪問してみると、ガーデンはすっかり秋になっていました→

3月8日日曜日 ティマル&アッシュバートン

昨夜は11時まで荷造りをし、記録とビデオの編集をしてから寝ましたが、今朝は7時にはすっきり目が覚めました。

子ども達がまだ寝ていたので、1人でシャワーを浴び、インターネット。

珍しく9時まで子ども達は寝ていたのですが、やはり私だけでなく、子ども達も疲れていたのでしょうね。

荷造りは終わっていたので、先に部屋を空っぽにし、それから料理。

10時までに、朝食、昼食、おやつを作り、子ども達に食べさせました。

食後、いつものように子ども達がお皿を台所の流しまで運んでくれたのですが、床がぬれていて、うっかりすべってしまい、お椀をひとつ割ってしまいました。

急いで片付け、リンさんに報告したのですが、弁償は必要ないとのこと。

申し訳ないので、日本から持ってきたお土産を差し上げました。

お土産は、日本の風物をところどころ金箔や銀箔を使い描いたとてもきれいな絵画です。

こういうときのために用意しておいてありました(*^_^*)


私達が車に荷物を積んでいると、リンさんがやってきて、「おもしろい本があるから、ちょっと時間ある?」とのこと。

何かと思ったら、「右脳を使って絵を描く」、、、という本でした。

たとえば、人をさかさまに描く、花の絵などを下から描く、ものの影だけを描く、、、など、面白い内容でした。

日本でも右脳が注目されていると伝えると、しばらく、脳の話でもりあがりました(*^_^*)


そして、「地元のラジオ番組があなたたちに興味があると言っているから、今日、帰りに出演してみない?」と誘われたのですが、、、恥ずかしいので、遠慮しました。

さらに、「全国のオーガニックの機関紙に、あなたたちのことを投稿したいので、写真を撮らせて!」、、、恥ずかしいからと断ったのですが、記念に、、、と結局写真は撮られてしまいました(^_^;)

そして、、、その時帽子を脱いでベンチの上に置いたのですが、どうやら持ってくるのを忘れてしまったようです。。。


子ども達は、帰る前に川に行きたいと。。。

川、、、去年あんなに怖い思いをしたのに、、、子ども達は私が一緒なら怖くないようです。

建物からは見えないのですが、敷地の奥にある川に行ってみたところ、、、とても素敵なところでした!

流れはゆるやかで、浅く、水は澄み切っていて、魚も目で見られるほどたくさんいます。

誰もいない上、お日様が当たって暖かだったので、子ども達は裸になり、楽しそうに川で1時間も遊んでいました。

末っ子も、冷たい水にびっくりしながらも、足をつけ、キャッキャと、声をあげていました。


子ども達は体をふいて着替えると、今度は芝生の上を走り回っています。

私は庭の大きな木の間にかけてあるハンモックでゆっくり授乳をし、いよいよ出発!

もう13時です。。。


途中、オアマルの植物園に寄ろうかと思ったのですが、日曜日だからか駐車場がいっぱいだったので、断念。

海岸沿いの快適な道を走り、ティマルに到着。

ランチ休憩に、ティマルの植物園に寄りました。

この植物園は、車で中まで入ることができてびっくり!

末っ子が寝てしまったので、私は車から離れられなかったのですが、子ども達は、トイレに行ったり、大きなブランコを一生懸命こいだり、、回転盤でぐるぐる回ったり、長い滑り台を滑ったり。。。

オアマルの植物園のように、鳥が沢山飼われていたので、色のきれいな雛達に目を奪われたり。。。

最後は、なだらかな広い芝生の丘を下の池まで転がっていきました。

私も車を停めた付近の植物を観察。

きれいな花、珍しい花がいっぱい。

20090308


バラ園も満開で、大満足。


1時間遊んで、15時に出発。

16時にアッシュバートンという町を通りかかったのですが、プールがある公園が目に入り、、、

子ども達は駐車場で水着に着替えて、プールへ駆けていきました!

水深が深いところで50cmしかない斜めに傾斜した浅いプールだったので、末っ子も入るかと思ったのですが、子ども達がおおぜいでおおはしゃぎをしていたので、怖いのか、入ろうとしませんでした。

大人たちは、プールの周りの日陰でおしゃべり。

1時間遊んで、まだ公園でも遊びたそうでしたが、17時には出発。

今日は暑い日だったので、2回も水遊びができて、ちょうどよかったです。


ジムに教わった近道を通ったら、予定より1時間早く、18時にはオクティガーデンに到着しました。

寄り道もしたのに、、、どこかで飛ばしすぎたかしら???


ジェニーもすっかり元気になっていて、一安心。

ジムも相変わらず親切。

息子さんも子ども達と走り回っています。

長女は一目散にロバのところへ。

ロバも、長女の声を聞いて、丘の上から走ってきました!

なかなか感動的なシーンでしたよ(*^_^*)


前回と同じテントに、今度は、かわいい模様のカバーの布団が用意されていて、タオルも4枚、画用紙やクレヨンも用意されていました。

キャンドルも沢山用意されていたので、夜はキャンドルナイト。

夜中はすごい雨と風でしたが、ぐっすり眠ることができました。

私達にとって、この宿は、エネルギーをたっぷり充電できるところのようです☆


まだ次の宿が決まっていないのに、何もしないで寝てしまいました(^_^;)→

3月7日土曜日 ダニーデン

昨夜2時過ぎに寝たのに、今朝は7時半に起床し、インターネット。

他のお客さんやホスト家族より早く起きないと使えないので。。。

夫に気になっていることをいろいろメールで相談しました。


まず、明日はここを出発するのに、カイコウラの宿がどこもいっぱいで決まらないのです。

オーガニック関係はもともと少ない上、予算の3倍以上なので却下。

バックパッカーも子連れはダメなところばかり。

残るは、ホリデーパークと呼ばれるキャンプ場のキャビン。

しかし、、、なぜか予約がいっぱいのところばかり。。。

さらに、キャビンはシーツ類から布団、調理器具や皿まで、それぞれレンタル料がかかります。

予算に合うところがなかなか見つかりません。


また、今の宿からクライストチャーチまでは車で4時間弱ですが、そこからカイコウラまで、2時間以上。

この計算は制限時速の時速100kmでずっと走れれば、、、ということです。

この日、朝から体長がすぐれなかった私は、どうしても、500km以上の距離を明日ドライブする気になれませんでした。

そこで、、、実は、オクティガーデンを出る時に、ジムだけに、「もしかしたらカイコウラへ行く前に1泊するかもしれないので、同じテントが空いていたら、泊まらせて」とお願いしていたので、メールで明日の晩の宿泊を予約できるかどうか確認してみました。

少しだけ寄り道になりますが、それでも、オクティガーデンからカイコウラまでなら3時間のはずです。


問い合わせのメールを沢山送り、洗濯と朝食、昼食、おやつをつくりました。

朝は、ニュージーランドに来てからお気に入りのグリーンピースご飯。

乾燥されたグリーンピースを一晩戻してご飯と炊き込むと、本当に甘くておいしい豆ご飯になるんです。

食後は、頭痛を軽くするために、ハーブティー。

洗濯は、晴れたので、外にずらっと干させてもらいました♪


今日は1時間半ドライブをしてダニーデンに行く予定でしたが、体調がすぐれないうちは、ドライブをしたくないので、リハビリで教わったマッサージを子ども達にしてもらいました。

みんな一生懸命やってくれたので、体の冷えはとれ、少し楽になりました。

もしかしたら、頭痛も、腕や背中の疲れからきているかもしれないと思い、教わったトレーニングを自分でしてみたところ、、、

頭痛もすっきりしました!


そこで、予定より遅くなりましたが、乾いた洗濯物を取り込んで、12時半にダニーデンへ出発。

ところが、、、やはり体調がよくないのか、間違って逆方向へ走り出してしまいました。

昨日通ったモエラキ灯台へ行く道に似ているのか、オアマルから来た時の道に似ているのか、はっきりするまでに10分以上も走ってしまいました。

田舎道なので、標識もなく、気付くのに時間がかかったのです。。。

往復で50km近くもロスしてしまい、今日はもう帰りたくなってきたのですが、子ども達はダニーデンの科学館を観に行きたいと言います。

実は、、、クライストチャーチのサイエンスアライブ!へ行った時、子ども達の世話をしてくれたお姉さんが、ダニーデン出身の方で、自分の地元にも、同じように科学館があり、そこには、宇宙に関する展示や体験できる乗り物があり、また、蝶の巨大な温室もあって、珍しい蝶が沢山みられると教えてくれたのです。

宇宙飛行士になりたい長男の気持ちを考えると、がんばるしかありません。


ダニーデンへの道のりは、急な坂道が続き、巨大なキャンピングカーが何台も連なって上り坂をゆっくり走っていたので、思ったより時間がかかってしまいました。

それでも2時には科学館の前に到着、、、でも駐車場がない!

仕方がないので、初の路上パーキングに挑戦!

狭い縦列駐車自体は問題がなかったのですが、支払い方法がよくわからず、、、前払いに慣れていなかったのです(^_^;)

なんとか3時間分のチケットを購入し、走って科学館へ!


入場料を払って中に入ると、クライストチャーチよりは小規模ですが、やはりいろいろな体験設備があります。

小さな子ども向けのものが多かったので、末っ子や次女も楽しそうに体験していました。

しかし、、、宇宙に関する体験施設はどこにもありません。

聞いてみると、、、なんと、1月末で、宇宙に関する展示は終わってしまったそうです!!!

ショックを隠せないまま、蝶の館へ。。。


ここは、すばらしかったです!

蝶好きの人にはたまらないでしょうね、、、蝶が苦手な私は泣きそうでしたが。。。

珍しい大きな美しい熱帯の蝶が、何十種類も何千羽も、飛び回っています。

建物は吹き抜けで3階建てぐらいになっていて、スロープで下から上まで行けます。

一番下の階には池があり、そこから熱帯の木が伸びて上の階まで来ていました。

どうやって移植したのでしょうね。。。


なるべく蝶が来ないところに逃げていた私は面白いものを発見しました。

ガラス窓の中に、斜めに何百ものさなぎがきれいに整列してぶら下げてあるのです!

つまり、蝶がさなぎを破って出てくるところ、羽化した蝶が羽を広げるところ、羽の色が変化するところ、、、全てがいつでも観察できるのです!

そして、ちょうど蝶が羽化してくる瞬間をみることができました!

やはり、虫好きにはたまらないでしょうね。。。

子ども達には、私の蝶嫌いは知られないようにしていたのですが、頭や両手に蝶を沢山つけて子ども達がやってくると、さすがに。。。

「ママ!ママの方にも、背中にもついているよ!!」と、嬉しそうに教えてくれた時は、背筋がぞっとしてしまいました(^_^;)

そこで、子ども達が熱中している間、私は末っ子と一緒に、蝶の館の外のソファでくつろぐことにしました。

やはり、あまり体調は良くないようです。


蝶に満足した子ども達が帰ってきて、科学館を出たのですが、すぐ隣に、ソファのあるラウンジがあり、そこで、イルカや鯨のビデオが流されていました。

鯨について、少し事前知識を仕入れておこうと思い、一緒に観ていたのですが、やはり気分が。。。

ほかに誰もいなかったので、子ども達がビデオを見て勉強している間、少し横にならせてもらいました。


科学館と博物館が併設されていたので、博物館も観ようと思ったのですが、どうも体が重くて、、、それでも、ざっと一巡りしました。

マオリに関する展示とニュージーランドの生き物に関する展示が充実していて、体調がよければ、3時間ぐらい見学しても飽きないほどでした。


時間ぎりぎりに駐車場へもどり、少しダニーデンの町をドライブすることにしました。

汽車の展示がある博物館があったのですが、私は車を降りる元気がなく、子ども達だけで見学に行き、ビデオを撮ってきてくれました。


5時過ぎているので、宿に戻ることにしたのですが、車の中で、子ども達が、ママが早く治る様にと、一生懸命楽しい話をしてくれ、歌を歌って元気付けてくれるのが嬉しくて、気がつくと、本当に治ってしまっていました。

そこで、灯台の近くの、モエラキボールダーに寄る事にしました。


ここは、海岸沿いに、不思議な巨大な丸い石が点在している景勝地です。

誤算だったのは、駐車場から石のあるところまでが遠いことです。

末っ子を抱っこして、500mぐらい歩いたのですが、何しろ、、、どろどろの砂浜を歩くので、ぬれないようにするのが大変。

でも、、、子ども達は不思議な石を見られて嬉しかったようです。

さらに、、、海岸にはきれいな貝が沢山落ちていて、子ども達は買い拾いに夢中になってしまいました。

私は疲れてきたので、すぐに車に戻ることにしたのですが、子ども達は帽子の中や両手にきれいな貝を沢山集め、あとから歩いてきました。

長男は途中の川で、貝を洗い、ちゃんと砂を落としてから助手席の足元に貝を置いてくれました。

言わなくても気をつけてくれると、それだけで嬉しくなります。

嬉しくなったので、つい、昨日の灯台に寄ってあげたくなりました。


昨日と同じぐらいの時刻なので、もしかしたら、イルカが見られるかと思ったのですが、、、観られました!

昨日よりずっと近くで悠々と泳いでいます。

それも2頭も!

そして、、、今度は子ども達も観ているところで、イルカがジャンプしてくれました♪


ペンギン達もアザラシも、さらに近くで見ることができました。

ペンギンとアザラシのツーショットも撮れて大満足♪

20090307


そして、、、ペンギン病院に今日は自分で寄付してくることができました♪

ぽつぽつと雨が降ってきたので、やっと帰ることに。

灯台からの帰り道は、急な砂利の坂道を下るので、車が滑って大変ですが、来た甲斐がありました。


夜ご飯はマカロニに緑黄色野菜たっぷりのマクロビクリームソース。

子ども達が寝てから、私は荷造り。

昼はあんなに辛かったのに、子ども達の笑顔と協力のおかげで、荷造りが終わるまでがんばることができました。

そうそう、、、ジムからちゃんと返事が来ていました!

「ちゃんと予約してありますよ。冷蔵庫に忘れて行ったオーガニックのソイソーセージもとってあるから心配しないで」とのことでした(*^_^*)

明日は長距離ドライブになりますが、がんばります☆


親切な友人達に再び会えると思うと、わくわくします!→

3月6日金曜日 モエラキ灯台

今日はのんびり9時に起床。

外は大雨なので、予定も立たず。

洗濯は手洗いをして、室内干し。

窓が曇るほど寒かったです。

子ども達は、午前中は、2段ベッドに自分達の布をぶら下げ、1階は小屋にして遊んでいました。


私は、10時ごろ、ホスト夫妻がお茶をするのに呼ばれて、一緒にコーヒーを飲みながらおしゃべり。

古いロッジを購入して自分達で改装した話や、教育のこと、ニュージーランドの職事情や食事情、水の話や、旅行の話、、、話が尽きませんでした。


長男は、お昼過ぎから、ホストの12歳の息子さんにチェスを教わり、何回か相手をしてもらいました。

ニュージーランドでチェスを覚えるのが彼の目標の1つだったのですが、やっと叶いました!

それにしても、、、言葉が通じなくても意志を伝えられる子ども達の力にはいつも感心してしまいます。


リンさんは、小さな子ども達のためにと、ぬいぐるみや本やパズルを持ってきてくれました。

娘達はパズルと絵本に夢中。

末っ子はぬいぐるみを抱えて、猫をおいかけていました。


午後、改装前の家の写真や、改装中の写真を見せてもらいながら、インターネット待ちをしていると、私は眠くなってしまい、珍しく昼寝。

30分も、ぐっすり眠ってしまいました。


夕方、ようやくインターネットが使えることになったので、鯨を観るクルーズの予約をしようと思い、ネットで調べて電話をかけてみたら、、、

なんと!なんと。。。

3歳未満は乗船禁止とのこと!!!!

どのガイドブックにもパンフレットにも書いていなかったので、知りませんでした。。。

鯨を観るための船は1つの会社が営業権を独占していて、そのおかげで、環境が良いままに保持されているのですが、、、選択肢がないのです。

手段がないなら、鯨を観るためにカイコウラ(クライストチャーチから200kmほど北)まで行く理由がありません。

いろいろ調べたら、料金が倍額になれば、ヘリコプターで観る事もできるようですが、やはり音の関係で赤ちゃんは難しいようです、、、それに、予算オーバーなのでいずれにしろ無理。

船に問い合わせた時に、セスナはだめだけれど、ヘリコプターなら赤ちゃんも大丈夫だと言われたのですが、もしかしたら、セスナに乗せてもらえるかも知れないと思い、電話をかけてみました。

ビンゴ!

赤ちゃんもOKとのことです!

それに、以前は座席を使用する幼児はすべて子ども料金がかかるとのことでしたが、今回は、5歳未満は無料だそうです!

(残念ながら、今は3歳以上は有料になってしまいました。)

ということで、35ドル(約1750円)の差額だけで、なんとか鯨を観ることはできそうです。

とりあえず、予約の変更はできることは確認して、余裕をもった日程で予約を入れておきました。


夕方、リンさんがやってきて、「今日はペンギンを観にいけるわ。私達と一緒に行きましょう。」と誘ってくれました。

ペンギンツアーは1人20ドルと聞いていたので、自分達で行くと言ったら、「友達として一緒に行きたいのよ。一番ペンギンを見られるところは秘密の場所だから」。。。

本当に素敵な女性です。

そこで、彼女の7人乗りの車に、長男と一緒にチェスをしていた息子さんも一緒に乗り込み、いざペンギンを観に!


彼女は、まず、ペンギンの病院へ連れて行ってくれました。

ボランティアの女性が1人で、地域で病気や怪我をしたペンギンを引き取っては世話をしているところだそうです。

彼女達が寄付をしていたので、私もしようとしたのですが、「あなたの分もしておいたから大丈夫」ですって。

動物好きの息子さんは、いつも小銭を貯金して、ここに来て寄付をするのを楽しみにしているのだそうです。


ペンギン病院から歩いていくと、灯台がありました。

このあたりからは崖があるので、末っ子は抱いていかないといけません。

人はほとんどいず、波しぶきがかかる音と海鳥の鳴く声が聞えるだけ。。。


しかし、、、います、います!

黄頭ペンギンが、あそこにも、ここにも!

草原の中にじっと人形のように立っているのです!!

彼らは非常に敏感なので、私達がいる間は、まったく身じろぎもしないのです。


足元には、穴がぼこぼこあいています。

ウサギの巣穴だそうです。

しかし、末っ子が、「あれ!あれ!」と指をさして、覗きたがります。

その穴をしゃがんで覗き込むと、、、赤ちゃんペンギンがいました!


まだ7時過ぎなので、周りは十分明るく、しっかり様子が観察できました。


崖の上から見ると、真下にアザラシの保育所がありました。

1年早く生まれたあざらしが、12月に生まれたばかりの小さなアザラシたちのベビーシッターをしています。

赤ちゃん達は、岩の上と、プールのような海水のたまった場所をぐるぐると追いかけっこしていて、見ていて飽きません。

大人のアザラシはというと、、、岬の反対側の崖の岩の上にごろごろと寝転がっていました。

5mも離れていない草の茂みの中にも、岩と見間違うほどのおおきなアザラシが寝転んでいました。


海鳥や、ペンギン、アザラシを観察しながら岬の先端まで歩いていくと、、、なんと、あのブルーペンギンまでいました!

このあたりでは珍しいそうですが、餌を取りに海に戻る姿も、海から上がって、慎重に岩の上を跳ねていく姿も、しっかり観察できました!


岬のそばで海にもぐって餌をとるアザラシや、2頭でじゃれあう青年のアザラシ達、、、もう十分に堪能できたので、そろそろ帰ろうとしたとき、目の前に美しい夕焼けが広がりました!!

20090306


それはもう、筆舌には尽くせないすばらしい夕焼けで、こんな色に空が染まるとは想像もしていませんでした。

感動で言葉を失っていたその時!

なんと、海面から黒い三角のひれが見え、それが悠然とこちらへ向かってくるではありませんか!

イルカです!!

子ども達は時間を忘れてイルカがすべるように泳ぐのを見つめていました。

そして、ほんの一瞬、イルカがジャンプをしました!

忘れられない瞬間です。


宿に戻ったらもう9時。

真っ暗になっていました。


夕飯は、リンさんに頂いたシルバービーツと大きなマッシュルームを炒めたもの。

マッシュルームは牧場に沢山生えていました。


今日はビデオのメモリを使いすぎてしまったので、夜はその編集とバックアップで、夜中の2時まで起きていました。

眠くて、眠くて、、、でも、明日もたぶん、ビデオは活躍することになるので、がんばらないと☆


明日はスコティッシュなダニーデンへ日帰りで遊びに行きます!→

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。