FC2カウンター

プロフィール

レイーナ

Author:レイーナ
LOHAS/マクロビオティック/自然治癒力/オーガニック/自然農法/スローライフ/スローフード/無添加/蜜ろう/手作り/オーガニックコットン/布ナプキン/自宅出産/プライベート出産/自然育児/布おむつ/母乳育児/語りかけ育児/田舎暮らし/古民家再生/ログハウス/自給自足/パーマカルチャー/非電化運動/自家発電/エコロジー/ホームスクーリングナチュラルラーニング/アンスクーリング/フリースクール/子連れ海外旅行/アウトドア/キャンプ/フラメンコ/スペイン/

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

広告








商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ



最大1,000ポイント!楽天自動車保険一括見積もり 中古車買取査定市場

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

RSSフィード

お気に入りに登録していただけると嬉しいです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗拾い

秋の味覚と言えば、、、我が家では栗!!

栗無しには冬を迎えることができません!

というものの、昨年は、イガが1つも落ちてこなかったのです。。。

いわゆる裏年だったのでしょうか?

その前の年は、9月の中旬から10月下旬まで、毎日バケツ一杯の栗拾いを楽しむことができました。

さて、今年は、、、落ちてくるのは青いイガばかり。。。

台風や大雨の影響か、10月に入るまで実の入った栗は落ちてきませんでした。

ちょうどその頃、我が家の周りには、怪しい人影が毎日のように、ちらほらと。。。

そうです!

我が家の周囲の栗の木をねらって、毎日違う人たちが車で栗拾いに来るのです。

人影を見つけると、「こんにちは!今年は残念ですね。ぜんぜん実が入っていないんですよ!」「え?私達ですか?ここに定住しているんです、はい!」と元気に声をかけます。

これで、明日から同じ人は現れなくなります。

きっと来年ももう来ません。

何本もある栗の木は私達が独占できます(*^^)v

・・・甘い!!

ライバルは人間だけではないのです!

リス、、、かわいいけれど、すばしこい。

朝リスより早く起きるのは、無理。

夜中に落ちた分は、すべて持っていかれてしまいます。

そして怖いのは、熊。

今年は、どんぐりが全然落ちてきません。

とすると、熊も栗をねらってきます。

我が家の周囲は、以前養蜂家の巣箱をねらって熊が現れた過去があるので、かなり危険です。

我が家への私道の脇には栗の木が何本も植わっているし。。。

熊と遭遇しないことを祈りながら、それでも毎日栗を拾います(^_^;)

つい最近、私道とは別に、ベッドルームから見える庭の向こう側の林に大きな栗の木があることを発見。

大きすぎて、下からはわからなかったのです。。。

庭から林のほうへ傾斜しているため、イガも林の奥へ転がってしまっていたし。。。

落ちている栗は山栗にしては大きいものばかり♪


さて、拾った栗は、、、薪ストーブで調理!

炊き込みなどに入れたいときは、栗を半日ほど水に浸してから、包丁で剥いて、それから火を通します。

毎日100個も剥いているとさすがに手にマメができてしまい、痛くて剥けなくなるので、土鍋に洗った栗を入れて、じっくり薪ストーブの上で蒸します。

ゆっくり火が通るので、とても甘くほっくりできあがるのです♪

仕上げに、皮が自然と剥けてくるまで、蓋をあけて水分を飛ばしながら、栗を炒ります。

そうすれば、子どもも手で皮を剥いて自分で食べられますし、私も楽ちん(*^^)v


我が家の最近のお気に入りの栗料理は、、、

1.栗とハナイグチ、またはクリタケと青菜の炒め物

2.栗の小麦粉粥

3.栗とかぼちゃのクッキー

4.栗の味噌油炒め

5.栗クリーム(蒸し栗を剥いてつぶして豆乳でのばしたもの)

6.栗・かぼちゃ・さつま芋のさいころ煮

7.栗入り蒸しパン

・・・でも、料理にする前におなかに入ってしまうことの方が多いです。

おととし、1日に300個以上取れたときは、栗の皮を剥いてから土鍋で蒸し、最後にカラカラになるまで薪ストーブの熱で乾燥させて、1年間保存しました。

おかゆなどに放り込んで手軽に使えたので、とても便利でしたが、今年は、子どもの食欲の方が勝っていて、保存用の栗がありません。


子ども達が上手に足を使ってイガを割っている姿を見ると、なんだか感動してしまいます。

田舎に越してきてよかった。。。


ちなみに、栗は、タンパク質、脂質、デンプン、ビタミンA・B1・B2・C・D、酵素、カルシウム、リン、鉄、カリウムなどをふくんでいるそうです。

足腰が弱くなった人が、毎日栗を食べていると、野山を歩けるようになる、、、という言い伝えもあります。

100個の栗を1日に何回にもわけて、少しずつ食べていますが、4人でわけると、1人25個。。。

山栗は1個がとても小さいので、25個と言っても、大した量にはならないのですよね。

それも、1回に食べるのは10個もないわけで、、、

大人で、1回の正味量が30g、毎日食べると、腎臓機能を高めることができるそうですが、食べすぎにはくれぐれもご注意ください。


明日も天気が良さそうです、、、

そろそろおしまいの気配がする栗ですが、最後まで楽しもうと思います☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらの本には、めずらしく栗料理が充実しています♪

【野菜だけ?】

スポンサーサイト

きのこ狩り

朝、起きたら窓にびっしりと結露がつくようになったら、、、

おいしいきのこが出てくる季節です♪

我が家のきのこ博士は、夫。

といっても、夫も私も、田舎暮らしを始めるまで、きのこのことは何も知りませんでした。

最初の年は、図書館にある、きのこに関する本を手当たり次第借りてきて勉強しました。

ネットも駆使し、翌年には顕微鏡まで登場し。。。

それでもわからないきのこの方が多いのですよね(^_^;)

でも、幸運なことに、ご近所には、きのこ名人がいて、きのこをもっていくと、いろいろと教えてくれました。。。

そうなんです。

過去形なのです。

仕方がないので、今年からは、自分達できのこの最終判定までしないといけません。。。

でも、きのこは食べるだけが楽しいのではないのですよね。

子ども達は、森の中で、誰が一番沢山の種類のきのこを探すか競争したり、夫を喜ばせるような珍しいきのこを探したりするだけで、大満足!

夫ももちろん探しに行くのですが、基本的に、子どもや私の方が、見つけるのが得意!!

だって、視力が違いますもの。

子どもは視線が低いですしね。

夫は、見つけてきたきのこを、本当に丁寧に調べます。

それはどうしてかというと、、、

続きを読む »

豆腐づくり

豆腐を初めて作ったのは、第1子の離乳食のためでした。

たいてい、私は料理本を見ても、自分で勝手にレシピを変えて作ってしまうのですが、豆腐だけは、アレンジするのが不安で、丁寧に分量を量って作りました。

どきどきしながら天然のにがりをうち、ふわっと白い塊が浮いてきて、、、

この時の豆腐が一番豆腐らしい豆腐でした。。。


それからも、一度も豆腐を買うことなく、自分で豆腐を作っていたのですが、私の作る豆腐は、、、

普通でない!!

何が普通でないかと言いますと、、、

続きを読む »

料理へのこだわり

最近来客が多かったこともあり、調理法についていろいろ質問に答える機会がありました。

いくつか、わが家の特徴的??な調理方法と料理へのこだわりについて今日はお話します。


1.薪ストーブ調理

夏でもジメジメしている時は、薪ストーブを焚いて、屋内をからっとさせつつ、3食分の調理をしてしまいます。

冬は一度に作ったりしませんが。。。

薪ストーブがあれば、電子レンジもコンロも炊飯器も必要ありません。

パンもごはんも、揚げ物も、すべて薪ストーブでできます。

野菜のおいしさを最大限にひきだす、土鍋&薪ストーブ調理は、もうやめられません。。。


2.皮ごと調理

マクロビオティックの「一物全体」に通じるのですが、わが家では、基本的に野菜は皮ごと食べています。

食べないのは、玉ねぎ・にんにくの皮ぐらいかしら?

皮だけ別にしてキンピラや素揚げにすることもありますが、基本的に、皮付きのまま調理します。

サトイモも、たわしで毛をこすり落としたら、皮ごと煮込んだり、炒めて食べています。

果物も皮ごと。。。

スイカの皮は食べませんが、オーガニックの桃の皮は産毛を洗い落としたら、かぶりつきます。

皮、または皮と実の際には栄養がたっぷり、、、捨てるのはもったいないと思うんです。

それに皮付きの方が慣れるとおいしい。

玄米のような感じでしょうか?

好き嫌いはあるかもしれません。

皮を食べると、生ゴミが減って気持ちが良いというのも、嬉しいです。


3.種&わたごと調理

なるべく、食べ易い&害のない範囲で、種やわたも調理して食べています。

南瓜・・・種は煮たり、炒ったりして中の緑の種を取り出して食べます。薬がわりなので、子どもにはほんの少しだけ。わたは、カロチンの含有量が実よりあるので、捨てるのはもったいない。よく刻んで味噌汁の具にすると、とろっとしておいしいんです。コロッケの具に混ぜて入れたり、玉ねぎやトウモロコシと油と塩で炒めたり、塩味のクッキーの具にしたり、、、種とわた付きのまま煮込むのが一番楽ですけれどね。繊維がまだ上手にかめないので、子どもにはあげないようにしていますが。。。

冬瓜・・・種もわたもとらずに煮込んむと、とろりとして、種まで本当においしいんです。

ピーマン・・・種もわたもとらずに調理します。種はすべってかみにくいのですが、たいてい鍋の底に残るので、親が良くかんで食べてしまいます。

梅干・・・種を割って、仁を取り出して食べます。

他にも思い出したら、後日付け加えますね。


4.重ね蒸し

以前、コメントで話題に出たのですが、重ね蒸しがわが家の定番です。

参考:わら(このページの「おいしく・楽しく・ありがたく」の重ね煮と同じことをしています)

最初から最後まで弱火で煮込むので、エコロジー&エコノミー♪


5.基本の調味料

単調にならないように、毎回の食事は、和風・イタリアン・中華・インド料理、、、などテーマに合わせて作るようにしています。

でも、塩と油があれば十分美味しい食事をつくれるんですよね。


塩・・・海の精

味噌・・・オーガニックの材料で自家製

醤油・・・国産オーガニック伝統工法

菜種油・・・国産自然農法低温圧搾

胡麻油・・・中国産原料自然農法低温圧搾

オリーブオイル・・・スペイン産オーガニック低温圧搾

米酢・・・富士酢

料理酒・・・国産自然農法純米酒

各種スパイス・・・すべてオーガニック


6.シンプル調理

とにかく、素材の本来の味がわかるようなシンプルな調理をこころがけています。

それなのに、「これはどうやって作ったの?」とよくきかれるんですよね。。。

まだシンプルになりきれていないのかな?

インド料理のどこがシンプルなの???という声が聞こえてきそう。。。


7.材料から調理

当然だと思われるかもしれませんが、加工されたものを遣って調理するのではなく、野菜や粉から作っているという意味です。

餃子の皮やパスタもみんなで作れば、楽しいんですよね。

いざというときのためにオーガニックの乾麺は買ってあるのですが、産後も使わないまま、、、産後2日後には餃子の皮を作っていました。。。

パンを作るための酵母は、ホシノ天然酵母が好きなのですが、寒冷地向きではないのが残念!

自分で作るなら玄米酵母、、、発芽玄米を作るときに同時に入手できるので、便利なんです。

でも、時間がない時や、玄米酵母の味が苦手なお客さんの時には、白神酵母を使っています。


7.季節のもので調理

オーガニックのものだけでまかなおうと思うと、自然に旬のものしか手に入らなくなります。

春と夏には山菜を採ってきて調理。

秋はキノコや木の実を採ってきて調理。

旬の時期は、そればかり食べることになりますが、そればかりと言っても、8月なら野菜だけでも、トウモロコシ・トマト・きゅうり・ナス・ピーマン・インゲン・キャベツ&レタス&大根(ここは高原なので、高原野菜は8月に旬)・枝豆・ズッキーニ・南瓜・冬瓜、そして玉ねぎ・じゃがいも・人参などの通年食材も使うと、結構バリエーションはあるんですよね。


そして、、、

なによりも、感謝していただくことを大切にしています☆

マクロビオティック

私は、ベジタリアンではありません。

でも、めったに肉を食べません。

食べても、4人で50g。。。調味料代わりです。

魚も、チリメンジャコや煮干、鰹節は大好きですが、毎日食べているわけではありません。

切り身があると、1切れを刻んで、野菜の炒め物にだしの代わりに入れてしまいます。

卵も安全なものが手に入った時は食べますが、家に無いこともしょっちゅうです。

使っても、4人で1つをやはり隠し味として。

お菓子にもほとんど使いません。

乳製品は、今、冷蔵庫をのぞいてみたら、真空パックのチーズが1かたまりありました。

子ども達は、牛乳を「飲んだ」ことは無いと思います。

年に何回か私の実家でミルクティーとして飲んだり、料理に使うことはありますが。。。


肉を食べないのは、子どもが沢山ほしいからです。

日本では少子化が問題になっていますが、世界では、人口爆発の方が問題です。

1kgの牛肉を生産するのに、15kgの穀類が必要だそうですが、世界では7人に1人が飢餓状態であることを考えると、子どもが沢山いるのに肉食を続けていては申し訳なくなってしまいます。

また、食肉用家畜の育てられ方のひどさ、その食べている餌の問題(遺伝子組み換え・農薬・化学肥料・ポストハーベスト・共食い etc.)、ホルモン剤・抗生物質などの問題、、、知れば知るほど、食べることから遠ざかっていきました。

今でも、肉を食べる時は、自然の中で育った家畜の肉です。

ところが、全世界の森林の減少の一番の理由は、安い肉用の牛を放牧するために森を焼き払うことだと知って、、、

日本の牛はそのような乱暴な手段で放牧地を確保しているわけではなくても、やはり食べないことで、意思表示をする必要もあるような気がしてきました。

魚も有害物質の生物濃縮を考えると、マグロなどは食べるのが不安になりました。

養殖ものの危険性は随分前から騒がれていますが、最近は、原子力発電所から出される汚染物質による魚介類の汚染や、環境ホルモンの影響で奇形になった魚介類のことを考えると、食べたくなくなってしまいます。

卵や乳製品も、結局餌と飼育環境と投薬やホルモン剤のことを考えると、安全なものでない限り、食べたいと思わなくなりました。

また、もともと農耕民族としての歴史の長い日本人には、玄米菜食が一番体にあっていると思って、1人目の子どもの離乳食の頃から実行するようになっていたのですが、、、

ある時、私達の食生活を見て、「マクロビやっているのね?」と言う人がいました。

さっそく、マクロビオティックについて調べてみると、自分達が実践していたことにそっくり!!

勉強すればするほど、おもしろくなって、いつの間にかすっかりマクロビアン♪

でも、マクロビオティックの中では非常にゆるやかなので、久司さんのマクロビに近いかな?


ということで、私は肉食を否定はしていませんが、肉を食べなくなりました。

今でも、安全なお肉を塊でいただくと、薪ストーブの上でことこと煮込んでシチューにしたりすることもあります。

それを本当に良くかんで、ありがたく、おいしくいただいています。

年に1度、生クリームを使ったケーキを作ることを、子どももとても楽しみにしています。

夫は、子どもと一緒に釣りをするのが夢です。


でも、子どもがいつか、ビーガンベジタリアンになりたいと言ったら、いつでも私はビーガンになるつもりです。

1人でインドを旅行した1ヶ月の間、私はベジタリアンでした。

ベジタリアンの穏やかさはとても心地が良かったです。


世界の平和を求めた人々、世の中の常識を変えた人々、すぐれた思想家、私の尊敬する多くの人がベジタリアンです。
 
参考→ 世界の有名なベジタリアン 

日本にも、ベジタリアンを受け入れる土壌がもっと広がれば良いのに、、、と思います。


ちなみに、ベジタリアンでも美味しい料理はたくさん作れますよ!!

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。