FC2カウンター

プロフィール

レイーナ

Author:レイーナ
LOHAS/マクロビオティック/自然治癒力/オーガニック/自然農法/スローライフ/スローフード/無添加/蜜ろう/手作り/オーガニックコットン/布ナプキン/自宅出産/プライベート出産/自然育児/布おむつ/母乳育児/語りかけ育児/田舎暮らし/古民家再生/ログハウス/自給自足/パーマカルチャー/非電化運動/自家発電/エコロジー/ホームスクーリングナチュラルラーニング/アンスクーリング/フリースクール/子連れ海外旅行/アウトドア/キャンプ/フラメンコ/スペイン/

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

広告








商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ



最大1,000ポイント!楽天自動車保険一括見積もり 中古車買取査定市場

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

RSSフィード

お気に入りに登録していただけると嬉しいです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手づくりのおもちゃ

子どものおもちゃは、できるだけ、手作りしたいと思っています。

最初の子が生まれる前から、プラスチックのおもちゃや、電池で動くおもちゃは与えたくなかったのですが、だからと言って、木のおもちゃは高いし。。。

結局、木のおもちゃは、いただくことにして、私はもっぱら、工作。

家にある不用品で、いろいろなものを作りました。

一番役に立ったのは、紐。

紙バッグの持ち手に使われている紐などを大切にとっておき、ぶら下げるおもちゃに使ったり、引っ張って遊ぶおもちゃに使ったり、編んで布のようにしたり。。。

ダンボールも活用していますが、子どもにとっては、ダンボールのままで十分おもちゃになるのですよね。

宅配で届いたダンボールの中に3人が隠れて隠れん坊、、、

「ママもかくれてね♪」、、、そうしたら、誰が探すのよ!!


一番上が2歳になる頃には、自分でおもちゃを作るようになりました。

厚紙を切り抜いたり、きれいな切抜きをはりつけたり、パズルを作ったり。。。

山の中に越してきてからは、木の枝を使ったつみきを作ったり、木の実などの採取してきたもので工作をしたり。

そして、気がついたのです。

子どもにとって、「おもちゃ」というのは、必需品でないということに。

シーツや椅子を使ってテントを作って探検ごっこをしたり、箱を上手に組み合わせてシステムキッチンを作っておままごとをしたり、トイレットペーパーの芯を並べて、穴の開いた靴下で作ったボールを使ってボーリングをしたり、、、

毎日、毎日、家中のものを使って、体中を使って、おもいきり遊んでいるのを見ると、本当に気持ちが良いです。

「おもちゃ」がなかったスペインでの3ヶ月間、、、やはり、子ども達は、部屋の中にある物を使って毎日楽しく遊んでいました。

もし日本にいるときに、作られたおもちゃでしか遊んだことがなかったら、飛行機の中でも、スペインの家でも、退屈して仕方がなかったと思います。


大人にとっては何でもないものを使って子ども達が見立て遊びをするのを見ていると、その空想力には驚かされます。

ある日など、スペインのサロン(居間)のソファに子ども達が並んで静かに座っていたので、部屋に入ろうとすると、、、

「ママ、あぶない!サメがおよいでいるんだから!!」

子ども達は、網代わりの新聞紙と、銛代わりのスプーンを持って、静かに、石の床を泳ぎまわるサメをねらっていたのでした。


さて、最近、子ども達は、どんな遊びでも、自分達で工夫して必要なものを作ってしまうので、サンタさんにお願いするものもなかなか決まらないし、誕生日のお祝いも何にしたものか悩んでいたのですが、子ども達から、なんとリクエストが!!

「ママ、ぼくたちのあかちゃんがほしい!」

サンタさんに赤ちゃんが欲しいとお願いしていた子ども達

自分達にも赤ちゃんがほしくなったようです。

旅行から帰ってきて、雪かきなどに忙殺され、気がつくと真ん中の子の誕生日まであと2週間。

それでも、1体ぐらいなら何とかなると思っていたのですが、、、

なんと、最初の1体は、末っ子に奪われてしまいました!!

目鼻もつけないうちから、授乳までしています。。。

あわてて、時間がないので少し小ぶりの赤ちゃんを作ったら、、、

息子が持っていってしまいました!!!!

お願い、、、返して!!

それぞれの誕生日に1体ずつ作ってあげればよいと思っていたのですが、甘かった。

1人に赤ちゃんができたら、他の2人も我慢できるはずがないですよね(^_^;)

オーガニックコットンのガーゼがあまっていて良かったです。

何とか、誕生日前日の夜に徹夜して、3体できあがりました!

何も見ずに自己流で作ったので、少々難有りですが。。。

服は、子ども達が小さい頃着ていた服で、穴が開いたり、シミができているけれど、愛着があって捨てられなかったものをリフォームしました。

まだ実は、髪を1本ずつ頭に縫い付ける作業が途中なのですが、すでに子ども達が離してくれず。。。

そうです、一日中抱いているのです。

お友達にいただいたスリングも大活躍♪

毎日本当に嬉しそうに遊んでくれています。


ところで、、、もしかして、子どもが6人欲しいということは、あと3体手づくりしないといけない。。。

今回は勢いで作ってしまいましたが、良く考えたら、捨てられないものをさらに増やしてしまっていることに気がつき。。。

でも、いいですよね。

人形は特別です。


プレゼントと言っても、他の工作と同様、なるべく子ども達が見ている前で作りました。

うまくいかないところは一緒に考え、表情や色など、一緒に悩み、とても楽しい時間を共有することができました。

我が家は親から子どもへは市販のおもちゃは与えないことにしていますが、たぶん、手づくりのおもちゃにこだわるのは、子どもと一緒に作ることが、本当に楽しくて幸せで仕方がないからだと思います。

次の約束はツリーハウス、、、「おもちゃ」なのかしら?☆

人形
スポンサーサイト

ノーメイク

高校の頃、部活が一緒だった男の子に、「君は化粧映えする顔をしているね」と言われたことがあったのですが、その真意は当時はわかっていませんでした。

ところが、大学に入って親に言われるままメイクをするようになったのですが、メイクをすると、道を歩けば男の人に声をかけられるようになり、、、映画やモデルのスカウトもされるようになり、、、挙句に友達が応募したミスコンで賞をいただいたり。。。

化粧をするようになってからは、あまりにギャップが激しいので、化粧をしないでは恥ずかしくて大学にはいけなくなりました。

なぜなら、私は早熟だったため、小学校4年の頃からひどいにきびに悩まされ、いろいろな薬を試したり、自分でいじったりしたために、化粧の下の肌はぼろぼろだったのです。

実際、20歳のときにチェックした肌年齢は45歳。。。

そのため、私のメイクはとにかく地肌をめだたなくすること。。。

かなり入念にコンシーラーから仕上げのパウダーまで、何種類もの化粧を使って、フルメイクをしていました。

化粧への執念がなくなったのは、結婚してから。

ストーカーに悩まされたこともあり、毎日大学へはジーンズにトレーナー、眉だけ整えて行くようになりました。

でも、夫と一緒のときは、フルメイクでおしゃれをして外出していましたけれどね♪

そして、子どもが生まれてからは、化粧をすると、子どもに顔を触られないようにしないといけないので、それがストレスになり、眉さえ描かないようになり、、、

そして、とうとう、2006年の夏からは、眉を整えることさえやめてしまいました。

眉の形に関しては、小学校から高校まで何度もからかわれたことがあったので、それもひどいコンプレックスになっていました。

しかし、たまたま訪問客が来ない週末が続き、平日も、家まわりのことで忙しく、外出もしなかったので、眉の手入れをしないまま1ヶ月近くたってしまってのです。

「ママのかお、かわいくなったね」と子ども達に言われ、はっとして鏡を見ると、、、本当に、高校の頃のような私の顔になっていました。

あの頃はコンプレックスに感じていた眉も、合成洗剤を使わなくなったからなのか、食養生のおかげで体内ホルモンのバランスがよくなったからなのか、以前よりしっかり生えてきていました。

そこで、誕生日にmixiの仲間に対して、「眉の手入れをしない宣言」をしてからは、本当に眉を描くことも抜くことも切ることもせず、、、

今は化粧をすると自分の顔が変に思えるほど、ノーメイクに慣れてしまいました。

基礎化粧品もメイクもしなくなってから、肌はみちがえるほどきれいになり、昔ほどのコンプレックスを感じなくなりました。

クリームも何もつけないのに、冬も乾燥せず、夏もべとつかず、とても快適♪

それに、私の意識が変わり、肌がきれいかどうかは人に見られて気にならないだけでなく、人を見ても気にならなくなり、自分の肌を気にするのも、体調のどこが具合悪いのかをチェックするために鏡を見るだけです。

私が憧れる中島デコさんも、他の自然育児の母親の皆さんも、ノーメイクでもとても魅力的な人ばかり。

私もその一員になれるように、心からの笑顔、幸せがにじみ出てくるような顔になるための生活を整えることを今は大切にしています。

今回、正月旅行でも、ノーメイクで通しました♪

そして驚いたことに、訪問先のみなさんも、やはり皆ノーメイク!

でも、決して育児で髪を振り乱しているわけでもなく、生活に余裕がないわけでもなく、そのままの顔で十分魅力的だから、ノーメイクなのだと思いました。

特別な日のおしゃれは大好きですし、そのような日はポイントメイクも楽しみますが、メイクから解放されるこの快感を覚えてしまった以上、昔のような偽るためのメイクはもうできません。

メイクをしないというこだわりではなく、メイクに縛られない生き方を、これからもしたいと思っています。

ちなみに、、、メイクをしなくなってからは、女性にもてるようになりました☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

化粧品などの安全性に関する詳しい記事はこちらに書いてあります

→ 洗顔 
→ 基礎化粧品
→ メイク 
→  
→ 経皮毒 

クリスマス

我が家はキリスト教を信仰しているわけでも、無宗教なわけでもありませんが、クリスマスは、家族で美しい時間をすごすイベントとして、大切にしています。

まず、12月に入ると、イベントボックスから、クリスマス関係の絵本を出してきて、「季節の行事コーナー」に並べます。

12月の2週目ごろに、毎年夫の母から楽しいクリスマスカードが1人ひとりに送られてきます。

そのカードを今まで送ってもらったカードと一緒に、クリスマスの絵本のまわりに並べます。

その頃に、家の周りで集めた蔓や葉や松ぼっくりでクリスマスのリースを作ります。

そして、クリスマスの直前にはリビングの大掃除をし、ツリーにする木を山の中から探してきます。

今年は、キャンドルに趣向を凝らしてみました。

天井から太いリボンでキャンドルの台(細長い杉板)をつるし、台には針葉樹の葉と松ぼっくりを飾り付けました。

ゆっくりと回転するキャンドルはなかなか素敵です♪

卓上のキャンドルも、同様に飾り付けて見ました。

卓上キャンドル



今年から、冬至の日からクリスマスの夜までの4日か5日間は、毎晩キャンドルナイトをすることに。。。

かなり薄暗くなる夕方4時半頃に点灯し、夜7時には就寝。

キャンドルの光で料理をするのも、ターシャになった気分でなかなか楽しいものでした。

我が家では、基本的にCDは聞かせないのですが、この時期だけは特別に、夕方、キャンドルを灯したら、スペインのクリスマスの音楽等をみんなで聞き、踊ります♪

音楽が終わると、自然とキャンドルの光の中で、手拍子に合わせてフラメンコを踊り始めます。

子どもより大きなツリーにぶつからないように、みんな気をつけながらですが、やはり踊るのは楽しいです♪

クリスマスの前に、ドライフルーツ入りのシュトレーンを毎年焼こうと思うのですが、なぜか、クリスマスまで持ったことがなく、、、子ども達が食べてしまいます。。。

クリスマスイブにはいろいろな型にくりぬいたジンジャークッキーを焼くのですが、今年は昼間忙しくて子ども達と一緒に作れず、、、

でも、サンタさんへのお礼なので、子ども達は、「絶対に作ってあげて!」と言っていました。。。

クリスマスイブの夜中には、私は遅くまでかかって、1人ひとりへサンタさんからのイラスト入りのメッセージを書き、プレゼントを包装してツリーの下に置き、飲みかけの紅茶とリンゴとクッキーの粉をまいたお皿を机において、眠りにつきます。

クリスマスの朝は、子ども達はそわそわしてとても早起き。

そして、急いで着替えるとベッドルームを飛び出していきます。

「うわーい!!」という歓声が聞こえたら、私の仕事は大成功♪

我が家のクリスマスプレゼントは、おばあちゃんサンタに頼んで、少しずつ送ってもらったものです。

もちろん、子ども達が一生懸命サンタさんに手紙を書くのですが、今年は、「つぎのあかちゃんがほしい!」。。。

それはおばあちゃんサンタには無理な注文なので、私が木のおもちゃのカタログから、頭を悩ませて選びました。

←情報が詳しく、勉強になります。

なにより、子ども達の目の前で届くプレゼントを、上手にごまかすのが一番難しいところ。

でも、やりがいがあります!


クリスマスの朝食はごく簡単にすませ、夕方4時過ぎから昼食兼ディナーを食べます。

去年は完全にマクロビ仕様のクリスマスディナーだったので、チキンはありませんでしたが、マクロの本質に目覚めた今年は、ローストチキンと生クリームは復活!

私が鶏肉を料理するのは基本的にクリスマスだけなので、子ども達は首を落として毛をむしって、内臓をだしてあるローストチキン用の鶏肉に興味津々。

本当は、庭先で鶏を飼って、それを冬には卵を産まなくなるから、、、と口減らしのために自分達で絞めて、羽をむしり、調理をするのが一番の勉強になるのでしょうが、それが実現するにはもう少し時間がかかりそうです。

生クリームも、クリスマスだけなので、子ども達はとても楽しみにしています♪

でも、クリームには砂糖は入れません。

なぜなら、牧草を中心とした安全な飼料を与えられて、十分に運動をさせてもらった健康な牛の生クリームというのは、そのままで十分甘く、味があるからです。

食後は、キャンドルの光の中でクリスマスの絵本をゆっくりと家族全員で楽しみます♪




家族全員がお互いに今年一年よくがんばったことをねぎらうイベントである我が家のクリスマス。

来年になったら、子ども達もプレゼントを作れるようになるかしら?

そうしたら、お互いに手づくりのプレゼントの贈りあいをするのも楽しいな、と思っています。

そうそう、今年は、子ども達はサンタさんに、「おとうさんがいるときにくりすますをします。いちにちはやくぷれぜんとをとどけてください。どうもありがとうございます」と書いていました。。。

ということで、明日24日の朝が本番。

今夜はママサンタは大忙しです☆

フラメンコ

私の趣味は、、、料理掃除裁縫ドライブ旅行映画

もちろん上にあげたものも、そうなのですが、忘れてはならないのは、、、

フラメンコです♪

浪人中に出会ったフラメンコ。

親に隠れてバイトでお金を貯めて習っていたので、いつもレッスンは必死でした。

もちろん、教室では一番若造でした(*^_^*)

親がでかけている間にレッスン用のスカートを縫い、受験の週にもレッスンに通い、国立の前期の2次試験が終わったら、合格発表の間までに、発表会用のドレスを縫い。。。

大学に受かっていなかったらどうなっていたのでしょうね(^_^;)

3月末、親の主催する英会話パーティーで、生ギターをバックに、フラメンコを踊り、父はびっくり。

母には、ドレスを縫う時点で、フラメンコを踊るという話はしてありましたが、まさか、ギター伴奏付で本格的に踊るとは思っていなかったようです。

そしてまた父の一言。。。

「今度お父さんの好きなタブラオへ連れて行ってやろう」

???

続きを読む »

染織

いつかやるかもしれないけれど、できれば避けて通りたかった世界、、、

「染」と「織」。

今回、七五三をきっかけに、とうとう染めの世界を知ることになりました。

開けてしまったパンドラの箱、、、染めにはまってしまいそうです。


もちろん、私が興味があるのは、草木染。

今回、羽織と着物を染めるために、借りてきた本の一部を紹介します。

『草木染染料植物図鑑(続続)』

私が山菜として食べていた植物が、染料としても優秀な能力を持っていたなんて。。。

春になったら、食べるためでなく、染めるための山菜狩りの楽しみが増えました!

とくに、『草木染めを楽しむ―庭や野山、自然は染料の宝庫 万葉の昔から育んできた色いろいろ』は、実際の藍染をする時に一番役に立ったのですが、あるものできれいな茶色に染められることを知ったのが一番の収穫でした。

その「あるもの」とは、我が家の周囲でこの秋一番の収穫があったもの、、、

続きを読む »

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。