FC2カウンター

プロフィール

レイーナ

Author:レイーナ
LOHAS/マクロビオティック/自然治癒力/オーガニック/自然農法/スローライフ/スローフード/無添加/蜜ろう/手作り/オーガニックコットン/布ナプキン/自宅出産/プライベート出産/自然育児/布おむつ/母乳育児/語りかけ育児/田舎暮らし/古民家再生/ログハウス/自給自足/パーマカルチャー/非電化運動/自家発電/エコロジー/ホームスクーリングナチュラルラーニング/アンスクーリング/フリースクール/子連れ海外旅行/アウトドア/キャンプ/フラメンコ/スペイン/

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

広告








商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ



最大1,000ポイント!楽天自動車保険一括見積もり 中古車買取査定市場

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

RSSフィード

お気に入りに登録していただけると嬉しいです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチンガーデン

ニュージーランドを旅行して、一番の収穫は、、、というと、それは、オーガニックキッチンガーデンの勉強ができたことです。

どの滞在先にも、庭先にちょっとした菜園スペースがあり、その土地の条件に合わせた果物や野菜が工夫して育てられていました。

何より感動したのは、そのデザインのよさ。

花を植える感覚に近いのかもしれない。。。

彩りが美しく、また、作物の背の高さなども計算に入れてあり、眺めているだけでも楽しい。

さらに、食事を作る直前にちょこちょこっと収穫して、これ以上ない新鮮な野菜を調理できるのが幸せ。

よくよく観察してみると、きれいなだけではなく、ちゃんとパーマカルチャー的要素を取り入れて栽培されています。

なるほど、、、だから無農薬でも、無化学肥料でも、こんなに元気なのね。

つまり、コンパニオンプランツを利用し、病害虫を寄せ付けず、さらに、お互いがお互いの成長を助けるように考えられて植えられていたのです。

何気なく手伝いをしながら、いろいろ技術を学んできてしまいました(*^_^*)


そういうことで、我が家も、今年は、庭に小さなキッチンガーデンを作ることにしました。

まずは、1.5mの板を3枚使って、3角形の畑をつくりました。

土は、2年前の落ち葉を使った腐葉土をたっぷり。

お日様は、午前中だけしかあたらない場所だったので、その条件に合わせた植物を育てることにしました。

大きな石や立ち木を利用して枠を固定し、子ども達に腐葉土を運んでもらい、みんなで種まきをしました。

そして半月が経ちました。

きれいに生えそろった苗。。。

無駄が出ないようにと、なるべくきちんと種を蒔いたので、ほとんど間引く必要はありませんでした。

収穫が可能になりそうだとわかったので、すぐ横に、西日もあたる畑を作ることにしました。

こちらは、6枚の板を使い、6角形の畑にしました。

真ん中に支柱の必要な野菜を植え、両脇に大豆など、背が低い野菜を植えました。


そしてさらに1ヶ月が経ったころ、、、

なんと、三角畑に今までに収穫したことがないほどの立派な二十日大根、サラダ菜、チヂミ菜、小松菜、ミニチンゲンサイが育ちました♪

大根は、葉を食べるために植えたのですが、それでも、末っ子の腕の太さぐらいの大根には育ちました♪

六角畑には、ミニトマトやキュウリ、エンドウ、インゲン、花豆、枝豆、オカヒジキ、長ネギ、人参、水菜などがすくすくと育っています。

まるで、夢のよう。。。

子ども達は、朝起きると、まずサラダ菜をちぎって食べてから水遣りを始めます。


子ども達がちゃんと手伝いをするので、本当は来年の約束だった「こどもの畑」を作ることを許可しました。

子ども達は、自分達の土地の一角に、畑の場所を決め、溝を切り始めました。

でも、、、耕しはしません。

理由を聞いてみると、、、なんと、自然農法にチャレンジしたいとのこと。

もちろん、私も大喜びで応援させてもらいました。

3歳、6歳、8歳の子ども達は、草刈鎌やこぐわを片手に、種を蒔くまわりだけ雑草を刈り取り、自分達の設計に基づき、それぞれの畑に種を蒔きました。

そして、、、それから2週間が経ったころ、芽が生えそろい、きれいにデザインされた畑が出現しました。

子ども達が蒔いた種や植えた苗は、祭の出店の際に自分達が作った料理の売り上げで購入したものです。

私はできるだけ口をはさまず、ただ見守っています。


自分達で畑を作るようになって、子ども達は大きく成長しました。

長い目で物事を考えられるようになった気がします。

朝から晩まで畑の周りをうろうろ。

本当に嬉しそうです。


沢山の野菜作りの本を図書館で借りてきて、毎日親子で勉強、、、みんなで相談してから、実践、、、観察記録も書いて、失敗からも学んで、、、立派なホームスクーリングです(*^_^*)



スポンサーサイト

家庭菜園 その1

結婚して初めて野菜を育て始めたのは、上の子が1歳になったときです。

団地の3階のベランダは、夏場は4時間しか陽があたらなかったのですが、それまで住んでいたアパートでは、1日に2時間しか陽があたらなかったので、嬉しくてしかたがありませんでした。

まず、いただいた二十日大根の種を蒔いて。。。

息子と2人で、毎日毎日、プランターの前で、「はーやく芽をだせ、はーやく芽をだせ♪」と歌っていました。

出てきた芽のかわいいことと言ったら!!

思わず、息子が引き抜いてしまいました。。。

あわてて植えなおして、毎日毎日、観察をする日々。

20日がすぎてもまだ根っこが膨らんできません。

どうしてわかったかって?

そうです、息子が毎日抜いて確認していたのです。。。

息子が抜いてよい二十日大根と私の二十日大根を決めて、また毎日観察。

そして、その日がやってきました!

まず、事前準備として、図書館から本を借りてきて、1週間ほど、お勉強を。

【おおきなかぶ】


「うんとこしょ、どっこいしょ!」まだたどたどしい発音でしたが、息子もやる気まんまん!

さて、掛け声の練習もしたことだし、抜きましょうか?

「じゃあ、一緒に抜こうね!うんと、、、」

そりゃあそうです。二十日大根ですもの。一瞬で抜けてしまいました。

その真っ赤な色がとてもおいしそうに思えたようで、ぬけた二十日大根は、すーっと息子の口の中へ。。。

あわてて、口から取り出し、二十日大根と息子の口を洗って、さて試食会。

ここは豪快に、がぶりと!「あっ、飲み込んじゃだめよ!」

思ったより辛かったのですが、息子は上機嫌。

しばらくして、パセリと青紫蘇が芽を出し、わが家の食卓には、新鮮な「ハーブ??」が添えられる

ようになりました。

それも毎日。。。毎日取ってくるんです、息子が。

ほんのちょっとずつなんですけれど。

調子に乗って、バジルやルッコラ、チャイブにカモマイル。。。いろいろなハーブを育てるようになりました。



 



(↑オーガニックの種は今期は売り切れのようです。)

お腹の中でも命が育っていたからか、植物の世話は面倒などころか、私にはとても幸せな時間でした。

あ~、早く自給自足をしたい!と思うようになったのもこの頃。


翌年は、宅配で届いた南瓜の種を乾燥させておいたのを蒔いてみました。

→ あんしん・おいしい・たのしい大地宅配の「お試し野菜セット」1,290円から

ところが、いつまでたっても芽が出ない。

いつまでたっても。。。。「おかしいねえ?」

「まいにち、ちゃんとめんどーみてるのにねぇ」。。。

えっ?どんな面倒をみているの?

「まいにちね、あなほって、たねを よく みてるんだよ!」

息子よ。。。それでは芽はでてこないのよ。

結局、プランターでは栄養不足で、実はなりませんでしたが、長い期間、南瓜のきれいな花を楽しむことができました。

それに、宅配で届いた間引き人参を植えてみたら、、、きれいな花が咲いたんです!

人参の花なんて見たことがなかったので、感激でした!!


翌年は引っ越した友人の後を引き継ぎ、市民農園にかぼちゃの種を蒔きました。

彼女の意思をついで、もちろん自然農法で。

【自然農-川口由一の世界 耕さず、肥料、農薬を用いず、草や虫を敵とせず・・・】

【わら一本の革命】


これらの本は彼女のおすすめだったのです。

今度は誰に掘り出されるわけでもなかったので、すくすくと育つことができ、1畳の菜園スペースに、秋には14個も収穫することができました!!

そして翌年は。。。

悲劇が待っていたのです。。。

自然農

農業をやるなら自然農法!

それも、できれば無施肥で!

福岡正信氏の著書を読んだ人ならきっと誰もがそう思うはずです。

【わら一本の革命】


もともと、動物性の有機肥料については、

「窒素分が多すぎるのでは?」

「ポストハーベストや遺伝子組み換えの作物を食べさせられた家畜の排泄物に危険性はないのか?」

「発酵が不十分だと寄生虫の心配があるのでは?」

などを心配していました。

無農薬は当然として、肥料は落ち葉? 灰?

などと考えていたのですが、友人に勧められて、川口由一氏の著書を読んで、!!!と思ったのです。

【自然農-川口由一の世界 耕さず、肥料、農薬を用いず、草や虫を敵とせず・・・】


それでも、どうして肥料がなくても育つのかがやっぱりわかりませんでした。

余分なものを持ち出さず、持ちいれず。。。

そうは言っても、食べる分はどうしても持ち出さないといけないのだから、その土からはやはり栄養が減っていくばかりでないかと。。。

しかし、福岡氏の著書を読んだら、納得しました。

植物は土だけから作られるわけではないのですね。

太陽と雨の恵みを受けて栄養は作られることを忘れていました!!

そして、『わら一本の革命』は子育て・教育にもあてはまると思いました。

余分なことをしないというのはとても難しいことです。

何もしないで実りを待つというのは、苦しいことです。

子育てでもそうです。

つい何かを教えそうになってしまいます。

つい自分の理想に導こうとしてしまいます。

子どもが自分で疑問を持つまで待つ。

のどが渇いてから水を飲んだ方が、体のすみずみまで水がしみ渡るのがわかるように、知識を欲してから情報を与えた方が、子どもの血となり肉となるはず。

親がレールを敷かなければ、子どもは自分の伸びたい方へ伸びることができる。

農業と教育。。。まったく違う分野に自分が興味を持っているのかと思っていましたが、実は同じ世界の話なのかもしれません。

薬で予防するのではなく、病気に負けない免疫力を自然につけることの方が大切。。。

自然農を実践すれば、育児に必要なことも分かってくるに違いありません。

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。