FC2カウンター

プロフィール

レイーナ

Author:レイーナ
LOHAS/マクロビオティック/自然治癒力/オーガニック/自然農法/スローライフ/スローフード/無添加/蜜ろう/手作り/オーガニックコットン/布ナプキン/自宅出産/プライベート出産/自然育児/布おむつ/母乳育児/語りかけ育児/田舎暮らし/古民家再生/ログハウス/自給自足/パーマカルチャー/非電化運動/自家発電/エコロジー/ホームスクーリングナチュラルラーニング/アンスクーリング/フリースクール/子連れ海外旅行/アウトドア/キャンプ/フラメンコ/スペイン/

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

広告








商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ



最大1,000ポイント!楽天自動車保険一括見積もり 中古車買取査定市場

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

RSSフィード

お気に入りに登録していただけると嬉しいです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭菜園 その2

前回のお話は、東京でのできごとでした。

今回のお話は、山の中でのできごとです。

田舎暮らしの夢への第一歩を踏み出すために、かぼちゃの収穫が終わる頃に、関東近郊の山の中へ引っ越してきました。

晩秋、100坪ほどの庭には金色の落ち葉が敷き詰められ、太陽の光が優しく、とても美しい光景に、「やっぱり山の暮らしは素敵だわ!」

深い雪に覆われる長い冬が終わり、雪がとけた庭には、真っ黒の土が。。。

上を見上げると、まだ硬い芽をつけただけの木の枝の間から、太陽が「たっぷり」と暖かく差し込んでいます。

再び新しい命がお腹に宿っていた私は、毎日少しずつ増えてくる森の緑に感動し、庭に生えてくる雑草でさえ、いとおしくて。。。

「よしそろそろ、庭に畑を作ろう!!」

実は、子供達とこの本を読んで、畑作りの計画はもう冬の間にしてあったのです。

【ぐりとぐらのいちねんかん】


まるで私達の生活を絵本にしたような、ぐりとぐらの12ヶ月。

春になるのが待ち遠しくて仕方がありませんでした。


まず大切なのは、計画。

いただきものの大きなカレンダーの後ろに、蜜蝋のクレヨンで、子供達と一緒に、庭の図面を描きました。

どこに大きな木があって、どこに岩があって、、、どこに何を植える?

子ども達はせっせと、トマトの絵や栗の木の絵を描き込んでいます。

夏に備えて、蚊避け用のマリーゴールドの種も蒔いて。。。



その時の私は、ここが有名な「避暑地」であることをすっかり忘れていました。



日々大きくなるお腹を支えながら、子どもと畑作りに精を出す日々が始まりました。

まずは、木の移植をしよう!

庭ははっきりいって、小さな「林」になっていたので、3m以内の灌木は抜いて、庭の裏に移植し、畑のスペースを作ることにしました。

私の背の高さほどの木なら、すぐに抜けるかと思ったのですが、、、ほってみたら、何本もの木の根っこがからまりあっていて、、、ほってもほっても抜けない!!

切り倒すのはかわいそうで、毎日、鋤とスコップで庭中を掘り返し、長い根っこをほどいて、抜いて、運んで、植えて、、、抜いて、運んで、植えて、、、抜いて、運んで、植えて。。。

やっと12畳分と6畳分の畑のスペースができました。

今度は石拾い。

庭中におちている、大人のこぶし大から頭大の石をどけることに。

一輪車(ネコ)にどんどん石を載せて、どんどん、どんどん、、、切りが無い。

それでも、とにかく見えている石を子どもと一緒に拾い続けました。

「この石じゃまだね。子ども達で堀りだしてくれる?」

子どものこぶしほどの石だと思ったのですが、、、ほってもほっても、ほってもほっても、、、

「おとーさん、がんばれ!」いつの間にか、主役は夫に。。。

とうとう、子どもの体ぐらいの「岩」が姿を現しました。

でも、まだまだ全体の大きさはわかりません。

まだまだ掘りたい、子供達と夫。

「赤ちゃんが生まれる前に畑を作れたら、また掘っていいから!」

ということで、とりあえず埋めなおすことにして、6畳分の畑は諦めることに。


自然農法なら、すぐにでも種をまくところですが、ちょっと気になることがあって、大きな畑を掘り返すことに。

すると、でてくるでてくる、大小さまざまな石が。。。そして大量の栗&どんぐりの実&枝&葉っぱが。。。

ここは冬が寒すぎるので、なかなか地上に落ちたものが腐敗しません。

黒い土は表面のほんの1cmぐらいだったのです。

しかたがないので、深さ30cmほど掘り返すことに。

私がスコップで一輪車に土をいれて、子ども達が石をどけて、その土をまた畑に戻す。。。

1週間かかりましたが、「これでやっと野菜を作れる!」という思いでがんばったので、全然辛くはありませんでした。

ひとつひとつ穴をあけて埋めた種。

時間はかかっても、ひとつひとつ芽がでてきました。

梅雨に入る前に畑の整備が終わって良かった!!

梅雨の晴れ間には植物がぐんと生長すると聞いていたので、わが畑の野菜たちがなかなか本葉をださなくても、あまり気にしていなかったのですが。。。

そして皮肉なことに、幸せいっぱいの特別な日に、大ショックな事実に気がついたのです!!


続きはまた今度。

コメント

うわあー。

ステキですねー。いや、とっても大変そう・・・ですが。うちの庭も数年前にちょこっとだけ芝の部分を拡張したのだけれど、芝ってそれこそ2センチくらいの土に生えてて、その下は瓦礫!土壌を作ることがこんなに大変とは・・・と思い知らされつつ、まだまだ石ころがたくさんの花壇です・・・。

遅くなりましたがリンク完了しました。まとめちゃったのですが、分けたほうが良いですか?

リンクありがとうございます♪

michikoさん>わざわざご連絡ありがとうございます!
まとめたままでOKです!
芝は表面だけでよいなら、庭に芝を植えたら良かったのかしら?
いや、やっぱりだめです。次回、そのわけをお話します!
それにしても、やっぱり、michikoさんの生活も、素敵ですね☆

畑を作るのは案外大変なのね。。。
しかも涼しい土地だし。
やっぱり私にはプランターくらいがお似合いかしら???

ベランダ菜園

ちょっとしたハーブをそだてるだけでも楽しいですよ。
おすすめは紫蘇!
作るのは簡単なのに、買うと高価。
摘みたてはやっぱり香りも違いますよ!

(*´∪`人´∀`*)

お子さんと野菜を育てるっていいですよね~♪♪
私は小さい頃、お母さんと他の兄弟達とひまわりv-299やミニトマトv-382くらいしか育てたこと無いんですけど、とっても楽しかったのを覚えてます。。。きっとお子さんにとっても良い思い出になるでしょうねe-415

fruite loveさん>ひまわりの種も蒔きましたよ!
芽が出て、かわいらしい双葉がでて、、、さあどうなったでしょう?
子供と一緒だと、うまくいく・いかないにかかわらず、「一緒にやった」ことだけでも十分意義があるのだな、と私も気がつきました☆

続きがすごーく気になります。。。
どんな大ショックなことが起きたのでしょう。
大きなおなかで畑作り、大変だったことでしょうね。
でもそれを心から楽しいと思えてしまうレイーナさんに憧れます。

ぴゅーるさん>気になります?仕方がないなあ、、、重い腰をあげて、続きを書こうかしら?
大きなお腹での畑作りは、いい運動になりました。
鍬で耕すのは、当時4歳の息子がやってくれました♪
のこぎりで木を伐るのも息子の方が上手なのでお願いしました♪
一番苦手なところは他の人が助けてくれたので、心から楽しんでできたのでしょうね☆

いいですねぇ~。

うらやましい・・・。
そんな生活俺もしたいです。
最近は女に生まれたら良かったのに、とか思ったり。

旦那さんが理解ありそうなのがいいですね。
うちは嫁さんの理解を得られていないので・・・。

旦那さんは転職されたんですか?
それとも通い?
かなりいい環境に住んでいらっしゃるようですね。
100坪もあったら、いろんな作物育て放題だなぁ・・・。

peace ringさん>本当に自然の中での生活がお好きなんですね。
山の中の暮らしに憧れている方の参考になるように、山暮らしの大変なことも、少しずつブログに書いていくつもりですが、peace ringさんが読むと、大変さも、楽しさにうつるかもしれないですね。
夫は仕事をやめて山の暮らしを始めました。
そろそろ出稼ぎにいかないといけませんが。。。

これからのことを考えると、奥様のご理解を得るのはとても大切だと思います。
一度に理解してもらうのは難しくても、週末一緒にキャンプをしたり、有機農家の手伝いに家族ででかけたり。。。オーガニック食材(←)を購入したりするうちに、意識が変わるかもしれません。
田舎暮らしの最初の関門かもしれませんが、頑張ってくださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://naturarlife.blog71.fc2.com/tb.php/15-b550f8b5

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。