FC2カウンター

プロフィール

レイーナ

Author:レイーナ
LOHAS/マクロビオティック/自然治癒力/オーガニック/自然農法/スローライフ/スローフード/無添加/蜜ろう/手作り/オーガニックコットン/布ナプキン/自宅出産/プライベート出産/自然育児/布おむつ/母乳育児/語りかけ育児/田舎暮らし/古民家再生/ログハウス/自給自足/パーマカルチャー/非電化運動/自家発電/エコロジー/ホームスクーリングナチュラルラーニング/アンスクーリング/フリースクール/子連れ海外旅行/アウトドア/キャンプ/フラメンコ/スペイン/

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

広告








商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ



最大1,000ポイント!楽天自動車保険一括見積もり 中古車買取査定市場

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

RSSフィード

お気に入りに登録していただけると嬉しいです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロビオティック

私は、ベジタリアンではありません。

でも、めったに肉を食べません。

食べても、4人で50g。。。調味料代わりです。

魚も、チリメンジャコや煮干、鰹節は大好きですが、毎日食べているわけではありません。

切り身があると、1切れを刻んで、野菜の炒め物にだしの代わりに入れてしまいます。

卵も安全なものが手に入った時は食べますが、家に無いこともしょっちゅうです。

使っても、4人で1つをやはり隠し味として。

お菓子にもほとんど使いません。

乳製品は、今、冷蔵庫をのぞいてみたら、真空パックのチーズが1かたまりありました。

子ども達は、牛乳を「飲んだ」ことは無いと思います。

年に何回か私の実家でミルクティーとして飲んだり、料理に使うことはありますが。。。


肉を食べないのは、子どもが沢山ほしいからです。

日本では少子化が問題になっていますが、世界では、人口爆発の方が問題です。

1kgの牛肉を生産するのに、15kgの穀類が必要だそうですが、世界では7人に1人が飢餓状態であることを考えると、子どもが沢山いるのに肉食を続けていては申し訳なくなってしまいます。

また、食肉用家畜の育てられ方のひどさ、その食べている餌の問題(遺伝子組み換え・農薬・化学肥料・ポストハーベスト・共食い etc.)、ホルモン剤・抗生物質などの問題、、、知れば知るほど、食べることから遠ざかっていきました。

今でも、肉を食べる時は、自然の中で育った家畜の肉です。

ところが、全世界の森林の減少の一番の理由は、安い肉用の牛を放牧するために森を焼き払うことだと知って、、、

日本の牛はそのような乱暴な手段で放牧地を確保しているわけではなくても、やはり食べないことで、意思表示をする必要もあるような気がしてきました。

魚も有害物質の生物濃縮を考えると、マグロなどは食べるのが不安になりました。

養殖ものの危険性は随分前から騒がれていますが、最近は、原子力発電所から出される汚染物質による魚介類の汚染や、環境ホルモンの影響で奇形になった魚介類のことを考えると、食べたくなくなってしまいます。

卵や乳製品も、結局餌と飼育環境と投薬やホルモン剤のことを考えると、安全なものでない限り、食べたいと思わなくなりました。

また、もともと農耕民族としての歴史の長い日本人には、玄米菜食が一番体にあっていると思って、1人目の子どもの離乳食の頃から実行するようになっていたのですが、、、

ある時、私達の食生活を見て、「マクロビやっているのね?」と言う人がいました。

さっそく、マクロビオティックについて調べてみると、自分達が実践していたことにそっくり!!

勉強すればするほど、おもしろくなって、いつの間にかすっかりマクロビアン♪

でも、マクロビオティックの中では非常にゆるやかなので、久司さんのマクロビに近いかな?


ということで、私は肉食を否定はしていませんが、肉を食べなくなりました。

今でも、安全なお肉を塊でいただくと、薪ストーブの上でことこと煮込んでシチューにしたりすることもあります。

それを本当に良くかんで、ありがたく、おいしくいただいています。

年に1度、生クリームを使ったケーキを作ることを、子どももとても楽しみにしています。

夫は、子どもと一緒に釣りをするのが夢です。


でも、子どもがいつか、ビーガンベジタリアンになりたいと言ったら、いつでも私はビーガンになるつもりです。

1人でインドを旅行した1ヶ月の間、私はベジタリアンでした。

ベジタリアンの穏やかさはとても心地が良かったです。


世界の平和を求めた人々、世の中の常識を変えた人々、すぐれた思想家、私の尊敬する多くの人がベジタリアンです。
 
参考→ 世界の有名なベジタリアン 

日本にも、ベジタリアンを受け入れる土壌がもっと広がれば良いのに、、、と思います。


ちなみに、ベジタリアンでも美味しい料理はたくさん作れますよ!!

コメント

我が家は肉も魚も少なめに食べるけどマクロビオティックの考え方もいいよねと
いいとこ取りしています。
本の紹介をありがとう!
マクロビオティックのレシピは簡単なのに野菜がとても
美味しくなるので魅力的ですよね♪

いいとこどりが一番♪

勉強し始めて1年目ごろの一時期、厳格なマクロビオティクをしたくなって、玄米菜食だけにしていたのですが、その頃は、動物性たんぱく質を目の敵にしてしまって、、、全ての食べ物に対して感謝の気持ちを持つことのことの方が大切ではないか、という夫の言葉で、我に帰りました。
今では、体がベジタリアンを求めているので、自然と動物性たんぱく質をとらなくなりましたが、肉や魚を食べるときも、よくかんで、心からありがたいと思いながら食べているので、精神的にも、いいような気がします。
マクロビ料理は、調理法だけでも勉強になりますよね☆

重ね煮

ってご存知ですか?
とっても良いですよー。
http://www.wara.jp/
本も、すごく良くて、きっとレイーナさん好みのはず。

前回のレスですが、梅はこっちではフルーツとして食べるので、青梅の段階で市場に出てないんですー。

あと、ジェイミーは「良い奴」なんです。メディアに注目されているうちに、自分が社会にできることをしてやろうーみたいな心意気がある。

自腹切って、落ちこぼれを集めてシェフを育てたりもして・・・。給食も「こんなの信じられない!」と、TV番組を通して介入。全国的に「確かにヤバイ」が広まって、世論が政治を動かす・・・みたいな風を巻き起こしました。

重ね煮大好きです!!

michikoさん>わざわざリンクまでありがとうございます♪
もう、私の好みまでわかっていただけているなんて、感激です(^^♪

実は、2人目を妊娠中に、近所の人に、オーガニックの野菜の美味しさを広めたいと思って、とにかくシンプルで野菜の味を最大限に引き出す調理法を極めようと思い、たどりついたのが、「重ね蒸し煮」でした。
水を使わずに野菜から出てくる水分だけで調理すると、薄味で十分美味しい♪

今、サイトをチェックしてみたら、私の重ね蒸し煮とほとんど同じで驚きました!!さらに、私、このサイトの主がまだ日本にいたときに、友人がこちらの天然酵母のパンを送ってくれたことがあったことに気がつきました!とってもおいしかったのに、今はNZなんですね。。。思わず「わら通信」に没頭。。。NZに行きたくなってしまいました(*^_^*)

michikoさんのコメントを読んで、ジェイミーさんのような人が、日本にも現れないかなあ?と思うようになりました☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://naturarlife.blog71.fc2.com/tb.php/24-53756661

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。