FC2カウンター

プロフィール

レイーナ

Author:レイーナ
LOHAS/マクロビオティック/自然治癒力/オーガニック/自然農法/スローライフ/スローフード/無添加/蜜ろう/手作り/オーガニックコットン/布ナプキン/自宅出産/プライベート出産/自然育児/布おむつ/母乳育児/語りかけ育児/田舎暮らし/古民家再生/ログハウス/自給自足/パーマカルチャー/非電化運動/自家発電/エコロジー/ホームスクーリングナチュラルラーニング/アンスクーリング/フリースクール/子連れ海外旅行/アウトドア/キャンプ/フラメンコ/スペイン/

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

広告








商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール SEO対策でアクセスアップ



最大1,000ポイント!楽天自動車保険一括見積もり 中古車買取査定市場

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

RSSフィード

お気に入りに登録していただけると嬉しいです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理へのこだわり

最近来客が多かったこともあり、調理法についていろいろ質問に答える機会がありました。

いくつか、わが家の特徴的??な調理方法と料理へのこだわりについて今日はお話します。


1.薪ストーブ調理

夏でもジメジメしている時は、薪ストーブを焚いて、屋内をからっとさせつつ、3食分の調理をしてしまいます。

冬は一度に作ったりしませんが。。。

薪ストーブがあれば、電子レンジもコンロも炊飯器も必要ありません。

パンもごはんも、揚げ物も、すべて薪ストーブでできます。

野菜のおいしさを最大限にひきだす、土鍋&薪ストーブ調理は、もうやめられません。。。


2.皮ごと調理

マクロビオティックの「一物全体」に通じるのですが、わが家では、基本的に野菜は皮ごと食べています。

食べないのは、玉ねぎ・にんにくの皮ぐらいかしら?

皮だけ別にしてキンピラや素揚げにすることもありますが、基本的に、皮付きのまま調理します。

サトイモも、たわしで毛をこすり落としたら、皮ごと煮込んだり、炒めて食べています。

果物も皮ごと。。。

スイカの皮は食べませんが、オーガニックの桃の皮は産毛を洗い落としたら、かぶりつきます。

皮、または皮と実の際には栄養がたっぷり、、、捨てるのはもったいないと思うんです。

それに皮付きの方が慣れるとおいしい。

玄米のような感じでしょうか?

好き嫌いはあるかもしれません。

皮を食べると、生ゴミが減って気持ちが良いというのも、嬉しいです。


3.種&わたごと調理

なるべく、食べ易い&害のない範囲で、種やわたも調理して食べています。

南瓜・・・種は煮たり、炒ったりして中の緑の種を取り出して食べます。薬がわりなので、子どもにはほんの少しだけ。わたは、カロチンの含有量が実よりあるので、捨てるのはもったいない。よく刻んで味噌汁の具にすると、とろっとしておいしいんです。コロッケの具に混ぜて入れたり、玉ねぎやトウモロコシと油と塩で炒めたり、塩味のクッキーの具にしたり、、、種とわた付きのまま煮込むのが一番楽ですけれどね。繊維がまだ上手にかめないので、子どもにはあげないようにしていますが。。。

冬瓜・・・種もわたもとらずに煮込んむと、とろりとして、種まで本当においしいんです。

ピーマン・・・種もわたもとらずに調理します。種はすべってかみにくいのですが、たいてい鍋の底に残るので、親が良くかんで食べてしまいます。

梅干・・・種を割って、仁を取り出して食べます。

他にも思い出したら、後日付け加えますね。


4.重ね蒸し

以前、コメントで話題に出たのですが、重ね蒸しがわが家の定番です。

参考:わら(このページの「おいしく・楽しく・ありがたく」の重ね煮と同じことをしています)

最初から最後まで弱火で煮込むので、エコロジー&エコノミー♪


5.基本の調味料

単調にならないように、毎回の食事は、和風・イタリアン・中華・インド料理、、、などテーマに合わせて作るようにしています。

でも、塩と油があれば十分美味しい食事をつくれるんですよね。


塩・・・海の精

味噌・・・オーガニックの材料で自家製

醤油・・・国産オーガニック伝統工法

菜種油・・・国産自然農法低温圧搾

胡麻油・・・中国産原料自然農法低温圧搾

オリーブオイル・・・スペイン産オーガニック低温圧搾

米酢・・・富士酢

料理酒・・・国産自然農法純米酒

各種スパイス・・・すべてオーガニック


6.シンプル調理

とにかく、素材の本来の味がわかるようなシンプルな調理をこころがけています。

それなのに、「これはどうやって作ったの?」とよくきかれるんですよね。。。

まだシンプルになりきれていないのかな?

インド料理のどこがシンプルなの???という声が聞こえてきそう。。。


7.材料から調理

当然だと思われるかもしれませんが、加工されたものを遣って調理するのではなく、野菜や粉から作っているという意味です。

餃子の皮やパスタもみんなで作れば、楽しいんですよね。

いざというときのためにオーガニックの乾麺は買ってあるのですが、産後も使わないまま、、、産後2日後には餃子の皮を作っていました。。。

パンを作るための酵母は、ホシノ天然酵母が好きなのですが、寒冷地向きではないのが残念!

自分で作るなら玄米酵母、、、発芽玄米を作るときに同時に入手できるので、便利なんです。

でも、時間がない時や、玄米酵母の味が苦手なお客さんの時には、白神酵母を使っています。


7.季節のもので調理

オーガニックのものだけでまかなおうと思うと、自然に旬のものしか手に入らなくなります。

春と夏には山菜を採ってきて調理。

秋はキノコや木の実を採ってきて調理。

旬の時期は、そればかり食べることになりますが、そればかりと言っても、8月なら野菜だけでも、トウモロコシ・トマト・きゅうり・ナス・ピーマン・インゲン・キャベツ&レタス&大根(ここは高原なので、高原野菜は8月に旬)・枝豆・ズッキーニ・南瓜・冬瓜、そして玉ねぎ・じゃがいも・人参などの通年食材も使うと、結構バリエーションはあるんですよね。


そして、、、

なによりも、感謝していただくことを大切にしています☆

コメント

果物

アメリカでは、桃、プラム、リンゴ、梨など果物を皮付きのまま食べる人が多く、これだけは食習慣で見習うべきだなあと思っています。(笑)

重ね蒸しの作り方見てみましたが、おもしろいですね!知らずに作ったら火の通りにくい根菜を下にしてしまいそう。早速この方法で作ってみます。

オーガニックの大豆が手に入ったので、豆腐を作ってみたいと思っています。(豆乳からは作ったことあるのですが。)是非、おいしい作り方を押してください!

かぼちゃのわたの食べ方どうもありがとう!
クッキーの具にするというのもなかなかいいですね!
玉ねぎの皮はさすがに食べようがないんですね。。。残念。
スイカの皮は漬物にして食べる人もいるそうですが、
美味しくないのかしら?
わらのページとてもわかりやすいですね!
参考にさせていただきます!

maiさんへ

果物を皮付きのまま食べるのは健康にも良いし、味も良いし、、、
日本ではいつからやめてしまったのでしょうかね?
でも、アメリカでも、ワックスがかかっている果物を皮ごと乳幼児にあげるのは
お腹を壊すのでタブーだと聞きました。
実際は、どうなのでしょう?ご存知でしたら教えてください!!

蒸し煮は、根菜類を一番下にすると、
べたべたになったり、とけて味が混ざってしまうので、
私も、そうしたいのでない限り、下に別の食材をおきます。

おいしい豆腐の作り方ですか、、、
豆腐に関してはいろいろあるので、記事にすることにします☆

ゆきさんへ

たまねぎの皮は、鍋のこげを取りたい時に、放り込んで沸騰させると、こげが落ちやすくなるそうです。
スイカの皮で漬物にできるのは、白い部分だけです。
青いところもやってみましたが、あまりおいしくなかった。。。
メロンの皮も食べられませんね(^_^;)
「わら」はこのブログの読者の方が、コメントで教えてくれました。
私も参考にしています☆

発芽玄米

発芽玄米はどうやって作っていますか?
ちょっと調べてみたのですが、温度管理が難しいみたいで。時間や温度管理の方法など教えて下さい。

発芽玄米の作り方

maiさん>我が家の手抜き発芽玄米作りでは、時間や温度管理はとても簡単です。

1.玄米をなるべくこすらないように水洗いして、ゴミを落とす。
2.玄米の約2倍の水につける。(玄米が浮かないように注意)
3.玄米がぶくぶくと泡を出してきたら、水を交換。(ざっと洗う)
4.気温によって時間は異なりますが、大体1日から4日で発芽。

我が家では、最大でも0.5mmしか発芽させません。
発芽しすぎるとおいしくないと感じるので。
夏場は冷蔵庫で発芽させると、発芽に時間はかかりますが、臭くなりません。
一応、この方法で、一度も失敗はありません。試してみてください☆

果物の皮は食べてました。
でも、一物全体といったような考えからではなく、
単に横着で。
むくのも面倒くさいし、それにゴミはだしたくない!
生ゴミの処理は面倒なのです。
それなら食べちゃえ♪ってことで。
結果的にはよかったのかしら?

料理も昔からの伝統的なものは
栄養学的にも優れているものが多いと
丸元淑生さんの本で読みました。
後、あんまり火を通さないで
なるべく生のものを食べたほうがいいとか。
食べ物の酵素を壊さないためだそうです。

なんて知識があってもお料理ができまへん。
少しずつ奮闘しております。

げまさんへ

げまさんは、安全な果物を購入していらっしゃるのかもしれませんが、無農薬でない場合、皮ごと食べるのは不安があります。特に、輸入物の果物の場合、防虫のためのワックスがけがされていたり、ポストハーベストの危険があるので。国産でも、りんごに農薬40回などと聞くと、皮ごと食べるのは怖くなってしまいます。でも、皮ごとの方がおいしいですよね!

丸元さんの本は、私も、マクロビに出会う前に読みました!我が家は、海外旅行中も、もやし(スプラウト)を作るんですよ♪

酵素に関しては、果物からの摂取を心がけています。あとは、発酵食品。こういうことを家庭科の授業で習いたかったな、、、と思います。

料理は時間と精神的に余裕がないと、難しいですよね。お忙しいのに、奮闘しているなんて偉い!私は料理がしたくて専業主婦になったようなものです☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://naturarlife.blog71.fc2.com/tb.php/29-8134b171

下仁田ネギのロースト タプナード・ソース添え

キョウチクトウ夏枯れで一度消滅していましたが復活してくれました。Cankn EOS X Canon Macro Lens FE100mm 1:28 USMで撮影下仁田ネギのロースト タプナード・ソース添え下仁田ネギは冬に出回ります。その間は...

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。